スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ヒロイック・エイジはやっぱり面白いですv
カテゴリ: アニメ
 本日発売のアニメ誌の記事を見て、疑問がまた1つ解けました。それは、

 「大丈夫。ディアネイラが連れて行ってくれる」
 「ディアネイラに、連れて行ってほしい。みんなの未来」

 という、エイジが姫様に導いてもらう気満々だった事についての疑問で、私にはこのセリフがどうにも腑に落ちなかったのでした。


 なぜなら、EDではディアネイラの過去の記憶か未来の映像かは分かりませんが、逆光の中のエイジが姫に手を差し伸べるシーンがあります。

 例えエイジが救世主であろうとなかろうと、あの場面を見る限り、エイジがディアネイラを導く存在なのだろうと思っていたので、その真逆のセリフを言われてしまった事で、読み違いだったのかと悩んでしまいました。


 しかし、ディアネイラ役石川さんのインタビューによれば、

 「ディアネイラはエイジによって未来が導かれると信じ」
 「エイジはディアネイラが未来へ導いてくれると信じてる」

 との事でした。つまりエイジの一連のセリフは、2人の気持ちが微妙にずれている事を描くための布石だったようです。

 それはのちに、「2人の一見すれ違ってしまいそうな思惑が一致した時が、人類と新たなる未来の出会いでもあると言える」という先へ繋がるそうなので、やがて2人は、少々すれ違っていた想い(笑)を修正し、本当の意味で互いを信じ合い導き合えるようになる、と思って良いようです……ね?


 今日は他にも、1ヶ月ぶりにXEBEC公式サイトのヒロイック・エイジのページが更新されていたので、さっそく見てきました。

 ノドスは元々英雄の種族を示す名だったとか、ペイントの塗料に毒性は無かったとか、10話の絵コンテがお気に入りの二瓶さんだとか、色々な事が分かりましたv



 追記

 昨日は地元のGOO、今日は空港内のCDショップと回ったのに、いまだに「gravitation」を手に入れられません。(涙)

 仕方ないので明日の帰りにまた別のCD屋さんまで行ってみようかと思いますが…もうなくなってるかも。

スポンサーサイト
2007.05.10 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。