ガンダム00「限界離脱領域」
カテゴリ: アニメ
 一部では限界「視聴」領域とも揶揄された5話でしたが、1話から延々と続いた登場人物による世界設定の説明がようやく一息つき、やっとまともに話が回りだした感じです。

 どんなに頑張っても制作サイドの発想の限界を超えられないエセ政治劇はエッセンス程度に留めて、今回のようにエンタメに徹してくれれば面白くなると思うんですけどね…。どうなる事やら。


 アレルヤは結局2重人格だったのか、別の人間の人格が宿ったのか、果たしてどちらなのでしょうか。
 回想シーンでは、ハレルヤらしき人物がアレルヤに向かって「俺を殺せ」と言っていたので、元は別々の人間だったものと思われます。
 アレルヤは超兵1号のようなデザイン・ベビーではない(孤児設定らしいです)のでしょうけど、体内にナノマシンを組み込まれた(金目がその証拠かも?)影響と、「宇宙を漂流」した事件のせいで、2つの人格が1つの肉体に同居するようになったのかな、と少ない情報の中で考えてみました。
 ハズレる可能性大なので、読み流しでお願いします。

 そもそも、ガンダムマイスターはみんな偽名のはず。アレルヤが偽名なら、ハレルヤも偽名なのか。
 それともハレルヤは本名で、アレルヤはあの事件の後にアレルヤが自分でハレルヤの名前になぞらえて名乗った名なのか。(自分で書いてて混乱しそう…)

 それに、本当にアレルヤ自身が本体なのでしょうか。実はハレルヤの体にアレルヤが同居しているという逆転の発想も有り得そうです。
 が、今回のような超兵ソーマとの共感という特殊な状況に陥らない限り、普段から肉体の主導権はアレルヤにあるようなので、アレルヤが本体である事はほぼ確定だとは思います。

 5話はロックオンにも見せ場がありましたね。
 その名にとった「成層圏」さえも突き抜けて、遥か1万km先の目標を精密射撃! 凄すぎです。
 
 今回の演出・コンテ担当は、ファフナーに参加していた榎本明広さんでした。動画にもXEBECが参加していたそうなので、ちょっとだけXEBEC回と言えそう?です。
 ソーマに撃たれて分離したブロックが地球へ落下していく中、外側で止めようとするアレルヤとセルゲイ、内側で最後に告白しようとするルイスとサジの同時進行ドラマを交互に見せる演出は、べったべたではありますが私の好みな手法でした。


 
 少しずつ、次回が楽しみになってきた00です。

スポンサーサイト
2007.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター