史彦の
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 誕生日が2日だったと鮒神様の日記を拝見して知りました。

 10日遅れでごめんなさい、なHappy Birthday♪ということで。

 ちなみに以前その鮒神様と、真壁家の住宅事情についてお話した時の事。
 1階に店舗兼工房をしっかりと構えている様子から、おそらく建売住宅ではなく注文住宅でしょうと意見させて頂きましたが、その後24話のコンテを見たら、あのシーンの場所は「真壁家」と記されていました。

 あの時点で紅音と史彦がまだ「浅木くん」「隊長」と呼び合っていることから2人は結婚前。
 つまりあのシーンは少なくとも、竜宮島の入植開始後(2128年)から竜宮島海戦前(2130年)までのものであり、更に言うなら2人が結婚したのは竜宮島海戦前後とのことなので、少なくとも2130年の可能性は低く、年代的には2128~29年の間と思われます。

 紅音さん26~27才、史彦22~23才。
 うーん……何とな~く、あの時の2人のやり取りが納得できるお歳です。(笑 史彦は完全に紅音さんにあやされてましたねv)

 ちなみにあの時点での史彦の心情は、「共生を否定し、紅音の考えを馬鹿にしている」だったそうです。(「皆城たちが~」の台詞の時)
 このト書きにはびっくりしました。私が画面から受け取った限りでは、少しからかってる口調だったけど、馬鹿にしてるようには見えませんでしたので。
 やはり完全に制作側の意図を受け止めるのは難しいです……。

 まあこの場合、馬鹿にしてるのは「考え」であって、紅音さん自身を馬鹿にしてるわけではないし、真壁家に来ていながらロクロには背を向けて嫌味を言ってしまうほど、隊長が気になって気になって仕方なかったのでしょうねvv そう思うと可愛いですよね、あの時の史彦も。

 ちょっと脱線しましたが、要するにやはり真壁家は入植時から工房付きだった、という結論に到ったのであります。
 女性の一軒家か…。紅音さんがそうだとすると、羽佐間容子さんも入植当時からあの洋風な一軒家を建ててもらってたのでしょうね。

 一方の史彦はというと、真壁家に婿入りする前の住居は完全に不明ですね。
 あの溝口さんが楽園に転居する前にどこに住んでいたのか、という疑問と同じくらい真相は闇の中です。(笑)

 以上、竜宮島の住宅事情考察でした。



 
スポンサーサイト
2008.06.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター