スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ガンダム00「再会と離別と」
カテゴリ: アニメ
 要約すれば、父が娘を嫁に出す回でした。(笑)

 マリーの人格があっさり戻ったのは拍子抜けでしたが、まあアレルヤもマリーも初めてまともに向き合えた上でキスまでできて良かったですねv 過去も現在も伏線も全て回収し尽くしてしまったので、この後が逆に怖い気がします。EDの絵も不吉だし。
 ただ、これで「ガンダムでマリーを取り戻す」というアレルヤの戦う理由が無くなってしまったので、早々に他の理由を探してもらわないと。

 ロストしたアリオスの探索に、トレミー第2デッキからケルディムとセラヴィーの順で発進していましたが、順番が前回と逆でした。
 コンテナ内でアリオスの空きを見る刹那も00の後ろを見ていたし、どうやらコンテナ内の格納順序は特に決まっていないようですね。
 ティエリアの「雨か……」という呟きですが、やけに情感がこもっていてちょっとびっくりしました。(苦笑)
 どう聞いても捜索の邪魔になるという響きではないので、雨の中でアレルヤがどうしているか心配だったのか、はたまた雨という事象そのものに何か思い入れでもあったのか、謎ですが良いシーンでした。
 この時、セラヴィーとケルディムの両機がベイパーを引いてるのを見て、ガンダム00の世界にも気流があったんだなあ、としみじみ感心しました。(酷)
 いつもいつも大気のぶ厚い地表や海上付近でトンデモ機動を見せて戦闘しているものだから、てっきり空気抵抗なんて無縁の世界だと思っていましたよ…。
 
 セルゲイが軍人として有能かどうかは置いておくとしても、人としてはかなりの好人物ですね。
 ソーマ・ピーリスを対ガンダム戦のみに徴用したのも、超兵であったとしても、できる限り彼女に人を殺させたくなかった彼の親心でした。(カタロン基地襲撃の惨状にソーマが心を痛めた理由もこれで回収)
 2人を見逃したあげく、遭遇したケルディムに彼らの居場所まで伝えてやり、最後に口にした名は、ソーマが大事にしたかった「ピーリス」……親子にはなれなかったけど、本当にソーマの良きお父さんでした。
 
 Cパートはアレルヤのキスで浮かれるトレミークルー達の前半と、後半の落差が激しすぎ。
 リジェネ・レジェッタとティエリアの初邂逅でしたが、「同類だから分かるのさ」というリジェネ、アリオスを探して移動し続けていたであろうセラヴィーを、まさか一晩中追尾していたのでしょうか。(笑)
 ティエリアが顔を隠しつつ銃を向ける場面は、真面目なのに挙動がおかしかったです。ティエリアが俊敏すぎるv
 しかしティエリアの反応は、リジェネの存在に心当たり(「まさか…」というセリフ)があり、イノベイターという単語も、全く知らないわけではない雰囲気でした。(「イノベイター?」と疑問形にならなかった)
 まあティエリアの事だから、知らなくても知ってる風に装うかもしれませんが。(苦笑)

 予告のティエリアには、女装の噂を聞いていてもビックリ!!でした。というか、あれは女装の域を超えているのでは……?
 肩と二の腕の丸みを帯びたラインは女性そのものだし、一体どうなってるんでしょう??
 このままでは落ち着かないので早く確かめたいですv 来週が待ち遠しい!!!
 
 そう言えば、今週はHGセラヴィーが発売されますね。ケルディムは甥っ子に組み立てさせて、私はセラヴィーを担当しますv

 セラヴィーはいつもGNフィールドという反則技を使うので弱い弱いと言われて(苦笑)いますが、実は7話時点でガンダム4機中ダントツのエースなんですよ!
 1話から7話まで映像で出た撃墜数をカウントすると、

  セラヴィー   9機  
  00        5機
  ケルディム   2機
  アリオス    1機 

 という結果に。(間接攻撃含む。連携攻撃で破壊した機体は、最終的に撃破したガンダムでカウントしています)
 強いぞセラヴィー!凄いぞセラヴィー!今のところは。(笑)
 00のツインドライブが本格稼動するようになったら、あっと言う間に追い越されそうですね。

 それにしてもアリオスの戦果は酷い……ルーキーのライルにすら負けてる。機体も壊してるし。
 まあ、これから本領発揮という事にしておきましょう。



HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2008/11/22)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2008.11.17 / コメント: 0 / トラックバック: 3 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。