スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ガンダム00「交錯する想い」
カテゴリ: アニメ
 今回はそこそこ面白かったです。前回、前々回に比べて相対的にですが。

 アバンでは4ヵ月後に再度メメントモリ2を攻略。初っ端から刹那が「トランザム、ライザー!」と吼えています。
 前回もそうでしたが、あれではライザーソード=トランザムライザーとカン違いされてしまうと思いますが良いんでしょうかね?

 オフィシャルファイルによれば、トランザムライザーとは「トランザム状態の00ライザー」を指すはずですが、何しろガンダム00なので急遽設定変更になったのかもしれません。
 今回は65秒でメメントモリ撃破。3回もやる必要があったのか甚だ疑問です。

 それに前回、どう見積もってもせいぜい高度500km程度の大気圏から低軌道リングのメメントモリ2をビームサーベルでぶった切った、つまり9000km超のライザーソードを使ったのに、なぜ今回はわざわざ4機+1機で接近戦を演じる必要があったのでしょうか?
 リングの宇宙側から斬りつけられないのなら、ケルディムやセラヴィーと同じようにリングの内側、地球側に回り込めば問題無かったでしょうに。
 4ヶ月お休みしていたソレスタルビーイングの反攻開始だから、派手に戦闘してみたのでしょうかね。


刹那

 クルジスで撃たれた刹那の体は、擬似GN粒子による細胞の代謝障害に陥っているようです。これはアリーの銃弾に擬似GN粒子が込められていたからでしょうか?
 そこからして今ひとつ判然としませんが、なぜか刹那の障害は同じ症状のラッセに比べて遥かに緩やかな進行状態であり、その原因は不明との事。視聴者目線では確実に00ライザーのせいだろうと思われます。

 そもそもGN粒子とは、有害にも無害にもなり、少量であれば通信障害を起こして人と人とのコミュニケーションを阻害するものでありながら、ツインドライヴで大量の純正GN粒子を放出すれば、距離を隔てても互いの声を届けることで人と人とのコミュニケーションを促進することもできる。
 この反転した性質こそがイオリアの求めたGNドライヴ、ひいてはツインドライヴの真の力なのだと思います。
 しかし、擬似とはいえGN粒子が体内に入ってしまったせいか、刹那まで脳量子波に反応するようになってしまいました。

 ここで問題なのは、刹那は姫と話し合う事で人と人とが分かり合うために対話する道を選んだのですが、労せずして人の感情を知る事ができる脳量子波と、人が向き合って言葉を使い感情を伝え合う対話は、本来なら相容れないものだということです。

 脳量子波で感情を知ったからといって相手を理解したことにはならないし、感情を共有するわけでもないのだから、少なくとも脳量子波だけでは人は分かり合えない。
 対話と対をなして、初めて役に立つ代物なのかもしれませんね。


ティエリア

 ヴェーダがリボンズに掌握されていると分かっても、アクションを起こさなかったティエリア。それが今回ついに奪還を決意したのは、トレミーの位置を特定されてしまう戦況の打開と、何より仲間を助けたいという動機が最後の決め手になったようです。
 自分のためではなく、人のためにヴェーダを取り戻そうとする。1期では考えられなかったことです。
 
 出撃時にはミレイナのテキトーなアナウンスを苦笑で受け入れたり、刹那を気遣って逆に微笑み返されたり。ティエリア本人はどう感じているか分かりませんが、彼にとって今が一番幸せな時なのではないでしょうか。

 今回もティエリアはリヴァイヴの脳量子波に気づきませんでしたね。
 これまでの描写から推測するに、ティエリアは脳量子波でも制限を受けている可能性があると考えられます。
 1期を通して見ても、ティエリアが相手の感情を見抜いているようには見えませんし、もし相手の感情が分かっていながらあの態度を、特に7話でロックオンの気持ちを逆撫でした態度を取っていたとしたら、考えるだに恐ろしい気がします……。
 ただ、ソーマやハレルヤの脳量子波は、相手の感情を知る事ができるのはほぼ確定ですが、イノベイターの脳量子波が人間相手にも有効なのかはまだ謎です。

 イノベイター同士は繋がっているから分かるとヒリングが発言していましたが、遠く離れたリジェネやリボンズの感情を察知できた描写は無く、まして人間の感情を読み取ったシーンはいまだ無いので実際のところはまだ不明です。
 まあ普通に分かるんでしょうけど。人間の感情が分からなければ、人類を導くための役に立ちませんからね。


アレルヤ&ソーマ

 すっかりツンツンなソーマに戻ってしまいました。てっきりマリーと融合していたと思っていたのですが、主人格を押し退けてしまうほどの衝撃だったのですね……。
 でもアレルヤを被験体E-0057と呼び捨てていた3話の時点とは確実に態度が変化しています。マリーであった数週間の記憶がそうさせるのでしょうか。

 「何故だ……何故、大佐が死ななければならない!」
 1期でロックオンを失ったティエリアが、刹那に詰め寄った時とほぼ同じセリフでした。そして2人とも復讐心を抱いてしまったのも一緒。
 ソーマとティエリアの絡みはほとんど無いけれど、期せずして似たような道程を辿っているのが面白いです。

 セルゲイとの約束を果たせないことに悩んでいたアレルヤも、最後には「君を守るよ、マリー」というセリフと共に吹っ切れた様子。出撃では「ソーマ・ピーリス」とも言えたし、頑張ってソーマをフォローして欲しいものです。
 でも、彼女がアンドレイに向かっていった時、アレルヤは手助けするのか止めようとするのか。果たしてどちらを選ぶのでしょうね。


ライル&アニュー

 「自分の考えだけを押し付けるなよ。大切に思ってるなら、理解してやれ。戦いたいという、彼女の気持ちを」
 妙に訳知りな顔でアレルヤに高説を垂れていたライルでしたが、案の定、実は自分に言い聞かせている部分もあったようです。しかも、逃避の方向に。

 いつの間にか成立していたアニューとの関係。ところがアニューは家族のことを語れない。しかも金色の瞳で忘我状態になる。(ライルの態度からするに、金目を見たのは初めてではなさそうです。というか、普通なら病気かと疑いますって)
 にも係わらず、「アニューがいればそれでいい」とお茶を濁し、アニューに踏み込む事も、理解しようともせず見守るという選択をしてしまいました。
 彼らの置かれた状況が平時ならともかく、4ヶ月で20回以上ピンポイントで場所が特定され攻撃される中での「見守る」という選択は、正しかったのかどうか。

 「愛してるよ」と皆の前で公言したのも、出撃前の空気読めない軽薄な告白というより、自分の不安を払拭したい、アニューを信じたいというニュアンスが感じられたので、あまり責める気にはなれませんでした。

 しかしこうなると、ライルはアニューがイノベイター本来の人格に戻っても、敵として自分を殺しにきたとしても、愛し続けるしかなくなりましたね。
 てっとり早い悲恋路線で面白みに欠けるので、制作側には予想を裏切る結末にしてほしいと思います。

 アニューを送り込んだと思われるリボンズは、いまだにツインドライヴと00ライザーの情報を入手していないそうですから、アニューの存在はリヴァイヴの脳量子波受信機、兼ハニートラップ要員。結果から推測する彼女の役目はそれしかなかったようです。
 もっと酷い悪事をしてくれると期待していたんですけどね。(苦笑)

 次回にはイノベイターの本性が覚醒するようなので、アニューの本来の性格がどんなものなのか、そちらを楽しみにしたいと思います。(でも00だから以下略)



 9話の「拭えぬ過去」でアップを映された刹那、ティエリア、スメラギ、そしてライル。
 そのうち3人は既にそれぞれ自分を変革する、人間としてがむしゃらに生きて世界を変える、今度こそみんなを守る、という生き方で過去を乗り越え未来を目指そうとしていますが、ライルのイベントはむしろこれから、アニューとの別れから始まるようです。はっきり言って遅いです。遅すぎます。
 残り7話でどこまでライルという人物を描けるのか、期待せずに見ていきたいと思います。


 Bパートラストは、パイロットがそれぞれ今もっとも大事なものの名を口にしますが、沙慈から始まってルイス、アンドレイ、ソーマまではまだ我慢できたのですが、アレルヤとライルでキレそうになって、ティエリアと刹那で笑わせてもらいました。
 復讐と恋愛だらけの00の中にあって、ティエリアと刹那だけが、かろうじてヴェーダとガンダムで戦局の先を見ていてくれて本当に良かったです……。

 それにしてもみんな気持ち良いくらいに自分勝手(笑)というか、バラバラですね。こんな有り様で最終決戦に一致団結して臨めるのか、心配になります。
 でもあらすじを見る限り、再び22話に決意表明があるそうなので、その頃にはまとまりができている……はず?


 次回は「イノベイターの影」、暗躍者が恋路を阻む……。

 主役が恋愛していないというのに、なぜ恋愛を全面に押し出すのでしょうか? だから視聴率が下がるんだと何度言えば分かってくれ(以下略)。



スポンサーサイト
2009.02.13 / コメント: 0 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。