スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH スペシャルステージ
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 睡眠2時間ほどで午前5時30分に起床、6時40分に自宅を出発。
 7時25分に待機列に辿り着いた時には、すでに前方に1000人以上の人が……これはマズイと思いましたが、じっと我慢の子で開場を待ち10時25分、会場内で無事にスペシャルステージの整理券をゲットしました。良かった~。

 いきなり目的を果たしてしまったので、とりあえず会場内のパンフをもらったりスタンプラリーをしたりして時間をつぶし、11時30分には昼食のため会場の外のホテルへビュッフェに。
 あわよくば誰か声優さんがいるのでは、という淡い期待を抱いて歩いていたら、国際会議場の看板が目に入り、その204室には「キングレコード」の文字が…。
 あ、やっぱり部屋を取ってそこで準備してるんだ、とちょっと残念でしたが、ここにファフナーの関係者が来ているのだと思うと気分はルンルンにv

 14時15分に会場へ戻り、ロボット魂のコーナーでファフナーを探すと、ショーケースの1番上にマークドライ、マークエルフ、マークアハトの3機が並んでいました。
 今回は撮影許可という事で、前後から撮りまくったのですが、帰宅したらSDカードが初期化されてしまったので、載せられませんでした……うう、残念です。(涙)

 マークドライがロングソードを持っていたので、甥っ子は喜んでいました。マークエルフはやっぱりルガーランス、マークアハトはメデューサを装備していたと思います。(撮るのに夢中であまり覚えてない…)
 背後に回るとマークエルフだけが、スタビライザーを開いていました。
 ほほう、あの地味なスタビライザーという存在さえもしっかり可動できるのですねー。

 その後、前のスペシャルステージをのんべんだらりと見ていたら、いつの間にか整列が始まって慌てて駆けつけ、順序良く並んで待機。
 その間に、「蒼穹のファフナー FACT AND RECORRECTION」のチラシが配布されました。それを見ると、アフリカ座の劇場も池袋なんですね。とことん池袋で攻めて来ますねー。

 やがて前の人から順番に着席、ところが指定席ではなく好きに座って良いとのことで、せっかくだからと7列目中央付近に着席。  
 周囲の立ち見もなかなかの盛況ぶり。男女比は15:85くらいでしょうか?思ったよりは男性が多かったです。

 定刻の15時30分にステージが開幕しました。
 スピーカーから総士の語りと「FORTUNES」に乗って、「HEAVEN AND EARTH」のPVがスクリーンに映し出されると、皆さん押し黙って映像に見入っていました。

 ところが、一騎が出たところで小さな歓声が、次に総士が出たところで大きな歓声が、さらに総士が一騎を抱きしめたところで、悲鳴が(笑)上がり、ああ、みんな良い反応しているな…と和まされました。
 というか、着席していた人はわりと静かだったのに、背後の立ち見さんたちの反応の方が凄かったです。

 映像が終わるとみんなで拍手、そして司会の中西Pが登場。こんなお若いプロデューサーだったとは…。
 ご挨拶と前置きの後、さっそく総士役の喜安さん、一騎役の石井さんがステージに呼ばれて登場しました。

 とにかく中西さんは、お2人を紹介する時から何を言うにも必ず「総士」が先でした。なんででしょう??
 もしやキャストインタビューですら総士が先になっていたのは、中西Pの仕業なのでは?
 
 そして総士役の喜安さんからご挨拶と「ただいま」「おかえり」の応酬(笑)、次に石井さんともご挨拶後に「ただいま」「おかえり」の掛け合いをしてトークへ。

 「いつからファフナーのファンでしたか、放映当時?」という中西Pの質問に、私の周囲のほとんどが挙手し、「じゃあディープな話ができますね」、とかなんとか言っておきながら、話はやっぱり総士の「ぎゅー」に流れてしまいました。(笑)
 何しろ出てきた喜安さんの第一声が、「いや~、ハードル高いですね!!」でしたから。(苦笑)

 お2人は後ろでモニターを見ていて、しかも今回初めてPVを見たらしく、後で出てきたKATSUさんの弁によると、「こう……引いてたから」と言って、のけぞる仕草の真似をしてくれました。
 当日に見てはダメですよねー。(笑)心の準備が…。

 さんざん抱擁話で冷やかし合いしていましたが、大西Pによるとあのシーンは話の中で大事で、しまいには「ピュア・ラブですから」とか言ってしまうし、そこに込められた意味はまだ分かりませんが、映画の中で生きるシーンである事は間違いないようです。

 まずはファフナーの簡単すぎる紹介。(笑 画面1枚で終了。確かに皆さんご存知ですけど…)
 それからキャラクターの紹介。ここでも当然のように総士が先。(苦笑)

 映された絵が「Terra」の表紙だったので、喜安さんが苦い記憶(笑)を思い出したのか、軽く頭を押さえて中西Pに向かって恨み言を……。
 喜安さんはレコーディングの時にかなり頑張らされた(笑)らしく、隣の石井さんは(あの歌の上手さですから)不思議そうに眺めていました。
 総士の好きなものについての話題では、「チェスは僕の人生に現れていません」との喜安さんのお答えは秀逸でした。はい、ほとんどの人がそうだと思います。

 次に一騎の番。「Flugel」の絵を見て「走ってますねー」。そしてなぜかまばらな拍手。
 一騎の好きなものについては、喜安さんが「静かな場所」を見て、「漠然としてるよね」とコメント。そこで中西Pも石井さんに対して「どんな場所が好きですか?」と質問。まるで石井さん自身が一騎だと言わんばかりです。
 石井さんは考えたあげく、「閑散とした場所がいいですね」と回答。
 「閑散とした場所って(笑)」と喜安さんが笑ってる間に、さらに中西Pが「どんな場所ですか」と畳み掛けると、「住宅街とか……」と石井さんが答えたので、「じゃあ今後は閑散とした住宅街という、一騎の新しい好きな場所が増えたということで」と、中西Pがシメてしまいました。(笑)
 だから…石井さんはもう一騎と同一人物なんですか、そうですか中西P…。(苦笑)

 それから新キャラ「来主操」のご紹介、お2人は初めて見るのか、食い入るようにモニターを覗いていました。
 彼の役のオーディションは、まだしていないそうです。そう言われた途端、皆さん「ええー!?」とちょっとブーイング入ってました。
 そりゃそうですよね、直前に「重要です」「重要人物です」と2回も繰り返していながら未定とは。

 最初のキービジュアルの右横に、来主操の全身と表情の設定画が縦に並んでいました。子供のようなあどけない表情もあれば、歪んだ表情もあって、なかなか面白いキャラクターになりそうです。
 
 ところが、ここでまた紹介に使ったキービジュアルの来主操の「裸」で話が盛り上がってしまいました。(笑)
 「なんで裸なの?」ごもっともです、喜安さん。
 「それも大事なところなんです」と苦しい弁明をする中西P、喜安さんには防戦一方です。
   
 というわけで、操くんが裸なのも意味があるファフナーが楽しいですv

 アフレコはまだ、という事でしたが、中西Pが「詳細は後で連絡します」とお2人に伝えていたので、スケジュールとしての見通しは立っているようです。

 そんなこんなで、あっという間に最初の15分が過ぎて、一度お2人は舞台裏へ。

 そしてangelaのatsukoさんとKATSUさんが登場!
 atsukoさんは昨日もライヴだったはずですが、元気一杯でした。
 ここでも「ただいま」「おかえり」の挨拶。もはや合言葉です。

 1曲目はもちろん「FORTUNES」!
 最初は座っていた皆さんですが、atsukoさんの「スタンディ~ング!」で全員起立。(笑)
 この日の為に他で歌わずにいたという、生「FORTUNES」は、時折鳥肌が立つほどエキサイティングでしたv

 2曲目にして最後の曲は、もちろん「Shangri-la」。
 私もうろ覚えながら、適度にハンカチを振り回していました。 
 
 お2人のトークには、「蒼穹のファフナー」がまた歌えることの喜びに溢れていて、本当に心からこの方たちに楽曲を作って頂けて良かったと思います。
 「HEAVEN AND EARTH」については、総士は戻ってくるのかという質問に、「ぶっちゃけ知ってるんですけどね」とおっしゃるatsukoさん。そりゃそうですよねー、脚本もう読んでるんですから。
 でもそこはプロのatsukoさん、まったく口を滑らせる気配すらなく次の話へ流してました。

 再び喜安さんと石井さんが舞台に戻り、5人でのトークになりましたが、KATSUさんが一緒に戻ってきたお2人に対し、「舞台裏で何やってたんだよ!」といきなり激しいツッコミ。(笑)

 それはお2人が一度退場する際、中西Pが舞台裏で「(抱きしめる)練習したらどうですか」、とコメントしたのを、KATSUさんがしっかり聞いていたからでした。(苦笑)
 舞台裏でやる(抱きしめる)くらいなら、せめて表が良いとおっしゃっていた喜安さん。実は期待していたのですよ。(笑)冗談でいいからやってほしかったかもしれません。

 対して、「FORTUNES」を聴いて、一騎の思ってることが分かったとおっしゃった石井さん。確かにあの歌詞を読めばもう……まる分かりですね。(笑)
 今日も「FORTUNES」をアニメイトブースで売ってますよ~と宣伝するKATSUさんでしたが、PVを「一騎と総士のエロビデオ」と言われた時にはもう大爆笑でした。ほんとに面白い方ですねv

 ハイテンショントークの中、シークレットゲスト(といってもバレバレ)の羽佐間容子役、葛城さんがステージに登場。
 背の高い方ですねー、そしてまあハキハキしていらっしゃいました。(笑)
 出演の皆さんが「ただいま」「おかえり」とやりあっていたので羨ましいらしく、「私にも言ってくれるかな?」と少々不安そうにしていましたが、しっかりと「ただいま」に「おかえり」が返って来ました。

 舞台の内容を聞いたと言うKATSUさんが、真っ先に「絶対見に行きます!」と名乗り上げると、負けずにatuskoさんが「私も行きます!」。
 あの……一緒に行けばよろしいのでは?(苦笑)

 「お2人は呼ばれていないんですよね?」という質問に、笑って誤魔化す(実際呼ばれてませんしね)喜安さんと石井さんに対し、すかさず葛城さんが「見に来てください!」と断言。ほんとにハキハキしてますよ…。

 羽佐間容子と翔子のドラマ、そしてカノンの視点で見る竜宮島…ぜひ見てみたいですね。
 
 そんな楽しいトークも終わりを向かえ、最後に葛城さん、atuskoさん、KATSUさん、喜安さん、石井さんの順で、「HEAVEN AND EARTH」にかける意気込みを語って下さいました。

 KATSUさんの「主題歌にも期待してください!」とのお言葉に頼もしいものを感じ、喜安さんの自分の演技で映画に貢献したいと言うお言葉にうんうんと納得し、最後に石井さんでしたが。

 「12月25日、あなたは、そこにいますか?」
 
 と言った途端に、皆さん「おー」と感心した声を上げる(笑)ものだから、赤くなって慌てて「僕言ったことなかったんですよ」と可愛い事をおっしゃいました。
 が、今度は喜安さんが「黙ってると思ったら、そんなの考えてたんだな!」とツッコミ。
 ほんとに面白いお2人でしたvvv

 最後にはみなさん手を振って退場。ああ、楽しかった……と思ったら、観客がすごい勢いで移動。

 後ろのアニメイトブースへ行くと、いるわいるわ、「FORTUNES」を持ってレジに向かう人々が。(笑)そして私も保存用にもう1枚買いましたv

 今回の特典はangelaさんの新しいサインでした。
 が。
 KATSUさん、私の色紙には「ファフナー」じゃなくて「ファァァー」って書いてあるんですけど、本気ですかそれとも何かの暗号ですか?!?

 16時30分からは、石井真さんによるお渡し会が始まり、私も当然並んで順番を待っていました。前には30~40人いたと思います。
 そして40分頃に順番が回ってきましたが、ちょうど横のステージでライヴが始まり、声がよく聞こえない状況になってしまったので、声を張り上げなければと意識して私の番に。

 石井さんが、「ありがとうございます」と言って下さった瞬間に、「映画頑張ってください! 期待しています!」と、勢い込んで言ってしまいました。

 あれ、予定よりさらに短いセリフに……。
 まあいいか……石井さんも笑って下さったし、個人的に今日いちばんの笑顔で話せたと思うので。
 
 と思って後ろを振り向くと、甥っ子が和やかに話して、しかも握手しようとしているではありませんか。
 ずるい!と思ったら、禁止だったんですね。逆に石井さんが謝ってくれてしまいました。すみません、ありがとうございます…。

 総士のチケットを一騎(役)手づから頂き、夢のような楽しい時間は終わりました。

 会場内もすでに人がまばらになり、外に出ると、夜のガンダム00のイベントに参加する人々がフロアを横断していました。
 その波を掻き分け、帰宅したのは17時40分。 

 実に約11時間のイベントでしたが、「蒼穹のファフナー」を好きなたくさんの方とご一緒できて、本当に幸せな時間でした。
 これほど出演者と参加者が、「ただいま」「おかえり」という言葉で結ばれたアニメは、そうはないと思います。

 スペシャルステージを企画、そして参加された全ての方々に感謝を申し上げます。心より、ありがとうございました!!!


 

 ……あ、そういえば監督は誰?

スポンサーサイト
2010.08.29 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。