スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
「神話の力」
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 昨日は冲方さんの愛読書という「神話の力」が届いたので、軽くパラパラと読みました。
 この本と20歳前後に出逢い、ボロボロになるまで読み込んだという冲方さんの精神構造が、少し分かったような気がします。

 本の対談では、世界各地の神話伝説が取り上げられますが、ファフナーも多分にもれず、あらゆる神話伝説から名前をもらっています。
 少し大別してみると。


 「ニーベルングの指輪」

   ニーベルハイム計画 = 小人族の地下世界
   アルベリヒド機関 = 愛を否定して指輪を作った醜い小人
   ジークフリード・システム = 英雄
   ブリュンヒルデ・システム = ワルキューレの長姉
   ワルキューレの岩戸 = 戦乙女
   ファフナー = 兄を殺して竜に化身した巨人
   ノートゥング・モデル = 恐れを知らぬ英雄に鍛えられた剣
   ニーベルング・システム = 呪われた指輪
   ナイトへーレの門 = ファフナーの棲む洞窟。ナイトへーレを直訳すると「妬み地獄」
   ノルン= 運命を告げる3女神

 「アーサー王伝説」

   アーサーズ・ルーム(第2CDC)、パーシバル・ルーム(第1CDC)

 「ソロモン王伝説」

   ソロモンの予言

 「ヨハネの黙示録」

   メガセリオン、ベイバロン

 「北欧神話」

   アルヴィス、ミョルニア、イドゥン、ウルドの泉、フェンリル、エーギル・モデル等

  技術用語としてドイツ語を多用。

   ヴェル・シールド、ヴァッフェ・ラーデン、バーンツヴェック、ブルクなど。   

   
 その他にもギリシャ神話や錬金術やらまだまだありますが、この辺で。「ニーベルングの指輪」からとった名称が圧倒的に多いですね~。

 そして「ニーベルングの指輪」は、神々と英雄たちの滅びの物語であることからも、初期プロットで一騎を除く全滅エンドを予定していたのも分かる気がします。

 そういえば、ファフナーのノルンはなぜ4機編成なのかと常々疑問に思っていましたが、ノルン=ノルニルは実は北欧神話にはたくさんいるのですね。
 有名なウルド、ベルダンディ、スクルドだけではないそうなので、北欧神話に従えば4機編成でもおかしくないわけです。知りませんでした…。


 それとまたしてもDVD-BOXのブックレットを読んでいたら、とんでもない事実が。

 P78に「ノートゥング・モデルは合計24機が開発される予定だった」とさらっと書いてありますが、となると、順調に開発されていたら総士が――。
  
 「第24ナイトヘーレ開門! ファフナー、マーク・フィアー・ウント・ツヴァン・ツィッヒ(24番機)発進!」と叫ばなければならない事態になっていたのですね。

 軽く舌噛めますね……そして20番台を5機分も号令すれば、呼吸困難になれます。

 つくづくマーク・エルフ止まりで良かったと思います……。


  
スポンサーサイト
2010.09.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。