スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
今度こそ全国?
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」の上映地域に、アルヴィス建造の地・北海道が加わりました! おめでとうございます~

 これであと東北・中国・四国地方で上映館が増えれば、名実ともに全国上映と言えそうですv

 昨日の雷雨は予報されなかっただけに、不意打ちでした。おかげで成田空港も久々に運用時間を午前0時まで延長していました。


 先日、操くんについて考えた時に、彼は「孤独」を知るフェストゥムになるかもしれないとの予想を立てたわけですが、昨日ふと2005年の冲方さんのインタビューを読んでいたら、冲方さんの「孤独」についての自説が書かれていたのですが、その内容が……。

 「もう、あれですね。孤独を感じる心はいったい何のためにあるかと問われれば、愛を知るためだと言ってしまいましょう。それ以外に答えはないですね、やっぱり。
 孤独は自己意識の成長の一段階で、それをはっきり意識することによって他者意識を包含する、より複雑化した自己意識を獲得できる段階に至るんだなと、あの作品を書いていて思いました。」

 断定していますよ、冲方さん。ここまで断言されると、いっそ清々しいくらいです。(笑)

 「あの作品」とは「マルドゥック・スクランブル」を指していますが、おっしゃってることは冲方さんの「孤独観」なので、ここではファフナーに合わせて解釈してみます。

 5年後の今も冲方さんのこの自説が変わっていないなら、「孤独感」を抱える一騎はもとより、「寂しさを知ろうとした」操くんも、「愛」を知る可能性を持ったフェストゥムと成り得るのではないでしょうか。

 フェストゥムは本編で「憎しみ」を理解しましたが、「愛」はまだ理解していません。このままでは片手落ちです。
 ここは1つ、一騎と総士の「ピュア・ラブ」でもって、フェストゥムに「愛」を教えるべきかと思います。


 ――冗談ではなく、割と本気で言っています。

 とある鮒神様の日記を読んで思い出しましたが、中西Pは「ピュア・ラブです」と2回言っていたんですね。

 2回目はKATSUさんの「エロビデオ」発言を穏やかに訂正(笑)するためでしたが、その時隣にいたatsukoさんも、かなりマジ顔で中西Pに同意していました。
 脚本を読んでいた2人(KATSUさんは読んだのか不明)がその態度だったので、一騎と総士は本当に「純愛」なんだろうな……とその時に思ったものです。

 フェストゥムが愛を知る――そうすれば、一騎と総士を「ピュア・ラブ」と表現した中西Pの言葉と作品のテーマが綺麗に繋がると思いますが、どうでしょう。

 ただ、フェストゥムが愛を理解したところで、人類とフェストゥムの戦いが終わるとは思えませんし、むしろある面では、より一層戦いを激化させる要因にもなりかねません。
 
 ですが、冲方さんもおっしゃってるように「愛」もまた、「自己」と「他者」(真矢ちゃん風に言えば「自分と相手」)がいてこそ成立するものなので、「個」となってしまった以上、フェストゥムの皆さんにはどうぞご理解頂きたいと思います。

  
 以下、コメント返信です。


 


 月杜様

 こんばんは、いらっしゃいませv
 
 最初は遠くだったのでこっちには来ないだろうと思っていたら、あっと言う間に上空に来て、ガラゴロピシャーン!でした。
 幸い近所にも落ちなかったので、停電も無く家電製品も無事でした。
 ご在地はこちらより暑いので、雷も起こりやすいかと思いますが、どうぞお気をつけて。

 帰宅したら母が「蒼穹の…ファフナーってやつ? CMやってたって○○が言ってたわよ」と教えてくれました。
 すでに家族にはファフナー好きを公言して憚りませんが、さすがにちょっと恥ずかしかったです。(苦笑)
 ファフナーが好きな事が恥ずかしいのではなく、一騎と総士のあのシーンをどう思われたのかが……。(汗)

 「銀魂」は滅多に見ませんが、来週は見てみようと思います。人気作品の時間帯に流してくれるのは嬉しいですが、ちょっと出遅れ感が否めませんね。
 今回の北海道の上映追加にしても、公式はもう少し……頑張っていいと思います。

 今週はけっこう体調が良いので、自分でも不気味です。(笑)やっぱり今年の夏の、異常な暑い空気が重しになっていたのかもしれませんね。
 いつもお気遣い下さるお陰で元気を頂いてる気がしますv 月杜様もお仕事が大変そうですが、ご無理をなさらないで下さいませ。

 それでは、この辺で。ありがとうございました

 咲夜
 
スポンサーサイト
2010.09.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。