スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
珍しく
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 アフリカ座のブログも連続更新していたのですね。

 舞台の本チラシはあの方にお願いし、ファフナーふぁんの方が見れば「あああっ…」となって頂ける感じになる、だそうですが。
 
 「あの方」はたぶん監修の羽原さんだと思いますが、羽原さん自ら手掛けるのか、それとも平井さんにでも依頼するのでしょうか??
 どちらにせよ出来上がりが楽しみですねv

 今日は朝ドラ「てっぱん!」の2話目を、1話を見ずにいきなり見てしまったのですが……尾道の風景を目的に見ようとした私に対する罰なのか、2話は最初から最後までずーっとヒロインの自宅内で話が終わってしまいました。あららー。
 心を入れ替えないといけませんね。

 ただ、オープニングが……歌わずに音楽のみにしたのは、あまり良い選択ではなかったかも。
 たとえ歌がなくても、シンプルで記憶に残るような曲であればまだ良かったのですが、ちょっと……印象が薄すぎる気がします。
 まあ出だし好調なので、このまま頑張って欲しいですね。


 PVのオーロラから竜宮島の位置など、ここのところ様々な手掛かりを元に色々と考察していましたが、私はファフナーに「リアル」を求めているわけではないという事を、念のため付け加えておきます。
 「リアリティ」があれば、それで充分なのです。
 
 例をあげると、世界海底地形図を見れば、「RIGHT OF LEFT」で僚と祐未が自爆した地点に海溝など無い、むしろ海嶺地帯だというリアルが、一発で分かります。
 制作側も、知っていて敢えて虚構を使ったのでしょう。

 でも、それで良いんだと思います。何から何までリアルである必要などありませんし、逆に必要とあらば、嘘をついてでも本物らしくすることが、創作物の特権だと思います。

 というわけで、竜宮島がまだ北極圏付近にいても、日本の近海に戻っていても、ハワイ諸島に混じって(笑)まったりしていたとしても、どこでもOK!というのが私の気分なのでした。
  
 
  
スポンサーサイト
2010.09.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。