スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」 主題歌マキシシングル 12月22日発売!
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 早くも「HEAVEN AND EARTH」のテーマソング発売日が決定し、とても嬉しいです!!
 10月早々、元気が出る情報を頂きました♪

 毎日angelaさんのツイッターやブログで拝見していますが、今まさにレコーディング中とのことです。
 練習したのち、歌詞も少々変えられたご様子。完成が待ち遠しいですねv
 しかし……マキシシングルであれば、もう1曲挿入歌がありそうですが、そちらはどうなっているのでしょうか?

 発売日が映画公開3日前というところがまた何ともタイムリーというか、空気読んでよというか……。(笑)曲を聴き歌詞を読んで、色々と想像をしながら映画に臨んでしまいますね。
 

 今日は以前入手した「CR蒼穹のファフナー」、つまりファフナーのパチンコ台の販売促進用パンフレットとDVDを、ようやく見てみました。

 パチンコに関しては全然情報を追ってなかったし、動画サイトも見に行かないのでどんなものか知らなかったのですが、けっこう面白い作りだったのですね。
 液晶画面をルガーランスが横切ったり、ちゃんと「アーカディアン・プロジェクト」「ニーベルング・システム」のロゴも羽根や盤面に入っていたり。

 DVDでは紹介のタイトルに本編のアイキャッチ風なCGを使っていたし、ナレーションは喜安さんによく似た声の人(まさか本人だったりして…)が、「激熱!」とか「スーパー乙姫チャンス!」とか、大真面目な口調で語っていたので、ついつい笑ってしまいましたv

 「原作愛が無い」とお嘆きのブログも見かけましたが、私はファフナーを知らない人向けであれば、この位の作りでも十分だったのではないかと思います。  
 たしかに、翔子の飛翔で大当たりは無いだろうとは思いますが、他に使える演出も多いとは言えないので、妥協せざるを得ない部分もあったのでしょう。

 本気で真剣に作れば作るほど、お客さんが尻込みしてしまいそうな物語ですからね……娯楽を追及した遊技台としては、これが精一杯の作りだったのではないかと思います。

 

 以下、コメント返信です。 
  
 
  


 月杜様

 こんばんは、いらっしゃいませv
 ついに10月に突入しましたね。お会いできる時が楽しみです♪
 
 本編の手でいちばん好きなシーンはやはり、26話の一騎が総士の手(正確には手首)を掴んでいるシーンですね。
 あの一騎の、総士を絶対に離さない力強さが、彼の存在への希求と総士への想いを表していると思います。
 
 そういえば、このシーンをカウントしていいならば、一騎と総士は本編で2回、肉体的に(この表現はいかがか)接触していることになります。精神世界での肉体的接触?という高度に難解な状態ですが…。
 
 そしていちばん悲しいシーンは、その後のマークザインの手の中で砕け散るジークフリードシステムです…。
 
 私も「FORTUNES」を聴く限り、まだ一騎はピュアなラブには到達していないと思います。(苦笑)
 煩悩…ではなくて、まだまだ苦悩の真っ只中にいると思います。
 中西Pが言及したのは、おそらく一騎と総士が再会した後の話だと思います。おっしゃるように見事に昇華されるのか、今から気になって気になって落ち着かない気分です。(笑)

 私がいちばん怖れているのは、たとえ昇華されたとしても、最後には再び2人が離れてしまうのではないかという、その一点に尽きます。
 「「もう、これしかない!」という結末には辿り着けているんじゃないかとは思います…」と、冲方さんはおっしゃっているので、たとえ離れることになったとしても理解できるとは思いますが、納得できるかどうかは分かりません。(苦笑)

 キービジュアルの1枚目は、ミケランジェロで有名な「ピエタ(意味は「慈悲、悲哀」)みたいだ」という感想も見たことがあります。確かに私もそのように感じるところがありました。
 なぜだか不思議に荘厳な印象を受けますよね……操くんの裸は置いといても。

 西洋風に見れば聖母子像、東洋風に見れば観音菩薩、といったところでしょうか。どちらも人と世の救い主、というのも暗示的です。
 
 キービジュアルのイラストを見た時は、総士の方が一騎より上の位置にいるので=HEAVENを示しているのかと思いましたが、チケットのイラストでは逆に、今度は一騎が上の位置に来てるんですよね……。
 冲方さんお得意のダブルどころかトリプルミーニングくらいありそうな副題「HEAVEN AND EARTH」の、とりあえず1つ目の意味でもいいから教えて欲しいです!

 今年の秋は急に深まったかと思うと、また暑さが戻ってきたり、難しいお天気が続いていますね。
 私も喉がイガイガしています。油断しないで体調管理を続けたいと思います。

 それではこの辺で。イベントまであとわずか、仕事とオフラインでお忙しいかと存じますが、準備万端に整いますよう応援しております  
 
 咲夜


 カヨ様

 こんばんは、ようこそv
  
 三角関係発言は、まあ……微妙な空気を感じましたね。(笑)
 あの場では素直に受け取りかねない人もいたかと思います。
 
 オーディションは基本的に台本の一部を演じてもらうようですが、中には最初から目をつけている人の、最終確認程度のものもあるようですし、ファフナーの場合はどうなのでしょうね?
 操くんは大事な役柄のようですので、適役を見つけてほしいです。
  
 ストーリーについては、冲方さんのインタビューを見る限り、おそらく衝撃的な部分もあるかと思われます。ただ、それだけで終わらせないのも冲方さんだと思っています。
 見せるところは見せるけれど、エンターテインメントとしての基本をしっかり押さえた作りである事を期待したいですねv
  
 そうなんですよね…。おっしゃる通り、基本的な、純粋なラブだと言いたかったんだと思います。
 言葉としては分かりますが、じゃあその基本とはなんだ、純粋とはどこまでだ、と問われれば。
 その定義は人によって様々ですよね……だから悩んでしまうのです。

 でも、そうやって考えたり悩んだりするのが好きなのです。待っている間にしかできない楽しみですからねvv
  
 パイロットはファフナーに「なる」。ファフナーでは機体はパイロットそのものです。
 そう思うと、機体の描写がキャラクターの描写に繋がるファフナーならではの演出ですよね。悲しいですけど…。

 「かのん」という名の土鍋ですと!? それはぜひ「あかね」さんと並べてみたいですね♪
 また週末には、他の名前もないかどうか土鍋を探してしまいそうです…。(苦笑)
 
 それでは、この辺で。またそちらにも参りますね~
 
 咲夜

 
スポンサーサイト
2010.10.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。