チケット入手
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 本日はangelaさんのミュージックワンダー大サーカス、一般発売日でした。
 ぴったり10時からHPに行ったら、やたらと回線が混みあって何度もリロードする羽目になりましたが、何とか予約できました。
 まだチケットに引き換えていないので座席はどこだか分かりませんが、私はファフナー全曲を聴く事が目的なので、後ろの方で大人しくしています…。

 同時間から、マルドゥック・スクランブルの初日舞台挨拶チケットも販売になっていました。
 しばらく迷いましたが、やはり生の冲方さんを拝見したいし差し入れもと言う事で、20時10分からのチケットを取ってしまいました。orz

 これで11月6日は、体調がどうのこうのと言ってられないスケジュールに。
 13時からangelaさんの早稲田トークライブが約2時間から2時間30分。
 そして夜には新宿で20時10分から映画、その後舞台挨拶。30分くらいやるのでしょうか?
 なんとかその日のうちには帰れますが…体力的に厳しい日程です。

 空いた時間は上野で展覧会を見るか、神田で早売りのアニメ誌でも探したいところですが、山手線内を駆け巡るのは精神的にもしんどいので、やはり素直に空けておこうと思います。  
 
 今回でチケット確保の予行練習はばっちりですので、ぜひファフナーでも舞台挨拶してほしいですねvv
 できれば冲方さんにもお越し頂いて。

 そういえば…そろそろ冲方さんには気づいてほしいです。
 「ぶらりずむ」のリンクに…「HEAVEN AND EARTH」の公式HPが…無いことに…。

  

 
 以下、コメント返信です。


  


 月杜様

 こんばんは、ようこそお越しをvv
 
 オフ会がたったの一週間前だったなんて嘘のようです。(笑)
 楽しい時間は過ぎるのも早いもので、もう遥か昔のような気がしています。
 Webラジオでもう一度、あのお笑いの時間を思い出したいと思います。(苦笑)
 
 まさにおっしゃる通りだと思います。
 私の言いたい事を先んじてコメントされるとは…さすが月杜様ですv
 ファフナーでは人の負の感情を避けずに描いていますが、それは何のためかというと、おっしゃっていたように最終的には人の「善」や「希望」という、正の感情を描くためだったと言えると思います。

 一騎のしたことや祐未の抱いた気持ちは罪かもしれませんが、S-Fマガジンで冲方さんがおっしゃっていたように、「罪深い自分を一回肯定する。これが私で、私は自分から逃げられないんだという自覚。それが救いにつながっていく」というコメントとあわせて考えると、一騎は15話で、祐未はL計画に参加することで、自分の罪深さを認め、それを受け入れた上で前に進んだことによって、救われたのではないかと思います。
 
 まあでも、個人的には小説版の救いようの無い暗さも好きなんですけどね。(苦笑)
 激戦の末に消滅した六番機がタブーとなっていることや、8人もパイロットが死んだ三番機にとんでもないアダ名をつけてるところや、同年代のパイロットが何人も死んでいるにも関わらず賭けを続ける生徒達とかとか……。
 アニメよりハードな設定だけに、小説版も最後まで書ききったら、とても素晴らしい作品になると思いますけどね。
 でも最終話まで書くとしたら、トレカのインタビューでは2800枚くらいと見積もってましたけど、絶対そんなものではすまなくなりますよね。(笑)

 冲方さんが倒れかねないので小説版の続きは望み薄で待っていますが、新作短編は内容も楽しみですが、どのようなキャラクターの心理描写をしてくるのかが楽しみだったりします。
 一騎が明るくなったり暗くなったり、ジェットコースターみたいな心情描写をしていたら面白いんですけどね。(笑)
 総士はどうでしょうね…小説に準拠していたら、アニメからは信じられないほど優しくて余裕たっぷりの総士が一騎視点で描かれそうですけど。(苦笑)
 なんにせよ、映画とあわせて小説が本当に楽しみですvv

 いやいや、私の考察は下手の横好きの推理にすぎませんので、むしろ月杜様のお話をもっと伺いたいです♪
 S-Fマガジンでの新情報は、2年間のかりそめの平和を送っていた竜宮島に一隻の艦が打ち揚げられて、その中に一人の少年が眠っていたという部分だけで、あとはPVの要約みたいなものでしたが、それだけで十分想像の(妄想の?)余地が広がりました。
 それだけに、今後の情報が怖い気もしますね……ほんの少しの情報でも、胸にぐさっと刺さりそうなものが出てくるような気がします。
 
 台風は予想では房総半島直撃コースでしたが、何とか逸れてくれました。
 飛行機が一部欠航したり、電車も間引き運転だったようですが、最接近した時にはもう雨風も小止みになっていましたので、進路前方に雨雲が多い台風だったのでしょうね。
 関西方面も、ほぼ影響がなかったようで何よりですv
 
 それでは、この辺で。またそちらにもお邪魔に伺います

 咲夜

スポンサーサイト
2010.10.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター