アフレコ終了
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 10/31に、無事「HEAVEN AND EARTH」のアフレコが行われたようです。
 出演者の皆様お疲れ様でした&ありがとうございました!

 ちゃんと冲方さんも立ち会って下さったのが、地味に嬉しかったです。お忙しい方なので無理かと思いましたが、「マルドゥック」にも「ファフナー」にもきっちり立ち会うところに、冲方さんの脚本家としての誠意を見た気がします。
 
 結局、中西Pによる事前の呟き無しでアフレコに入ってしまいましたね。日程を知って念を送りたいと言っていたメールのご期待には添えませんでしたが、きっと素晴らしいものが出来上がるはずなので、その時を待ちわびたいと思います。

 しかし石井さん田中さんも、ブログには劇場版の内容について見事に触れてませんね。当たり前といえば当たり前ですけど。
 普通こう……凄いです!とか期待してください!とか(笑)、煽りやひと言感想があってもいいと思いますけど、それもないとなると…。

 かろうじて田中さんが、「劇場版はTV版の2年後の話・・・平和な竜宮島にフェストゥムが現れる!!!! 更に進化して!!!」と書かれているくらいですか。

 進化したフェストゥムとは、どんなものなのでしょうね。以前KATSUさんも、制作中の映像を見て「フェストゥム怖ええ!」と叫んでいましたし…。
 お2人方のコメントを読むと、どちらかというと人類的には有り難くない方向へ、より戦闘力を増した方向へと進化しているような気がしないでもないです。

 冲方さんもブログを更新されていましたが、「マルドゥック」と「ファフナー」の脚本がドロドロだと正面切って三間監督に指摘されたようですね。(笑)
 そういえば、これって何気なく「ファフナー」の音響監督が三間さんだと発表したようなものですね。まあ本編も「RIGHT OF LEFT」も三間さんだったので、続投だとは思っていましたが。
 
 ドロドロか……先日も書いたように、だからこそ良い!んですよね。(苦笑)
 清らかなだけではダメなんですよ…。

 でも最後には必ず、綺麗で清らかなものを見せてくるはずなので、安心は出来ない(酷い…)けど信頼はしています。
 しかし「マルドゥック」と「ファフナー」にドロドロを押し付けて自分はピュアとか……冲方さん、あなたって人は。(笑)
 
 今日は早稲田に旅していたハガキが戻って参りました。まるで受験票のような案内状が、いかにも大学らしいですねv
 舞台挨拶チケットとangelaさんのライヴチケットも発券。どっちも端っこでした。
 ちょっと残念、けっこう安心。(by 小説版真矢ちゃん)

   

 以下、コメント返信です。


 


 カヨ様

 いらっしゃいませ、こんばんはvv

 私は一騎型の直情径行(笑)な人間なので、総士のような言葉にせず感情も見せない、婉曲で分かりにくい人が難しくて難しくて…。
 喜安さんは演じ甲斐を感じていたようですけど、理解しようとするこっちの身にもなってほしいですね。(苦笑)
 
 >初めて直面した強大な脅威と、自分の立場や背負う命の重さを改めて肌で感じて、
 >さすがの総士も精神的にいっぱいだった部分があるんじゃないかな、と。
 >そしてそれが一番心を許してる一騎に出たりするんじゃないかなあ、とか。

 おっしゃる通りだと思います。それが如実に出ていたのがドラマCD「NO WHERE」だと思います。
 一騎が必死に総士に対して「お前が分からないコール」をしているのに、総士もまた必死に「お前なら分かるだろうコール」をしている、あれです。

 分かってくれているから、
 >『ひとつ=一騎も同じ気持ち。→自分と同じように厳しく律しても大丈夫だろう』
 という総士の理屈になっていたのかもしれませんね。

 ちなみに喜安さんはあの頃の総士を、「冷たいようだけど、『一騎は一騎、オレはオレだ』」という気持ちで、自分のスタンスを守ることが今一番大事な事なのではないか」と考えて演じておられたそうです。
 冷たいですよね。(笑) だから出て行かれちゃうんですよ。

 小説版によれば総士の闇は一騎より深い、ということなので、彼の内面を考えてみるのも本当に難しいけど楽しい?ですねv

 どうしてこうなった…(笑)と、自分でも思うくらいにファフナー尽くしです。
 早稲田も「マルドゥック」も、ファフナーのために行くようなものです。
 お金と体力がキツいですが、後悔先に立たずということで、行ける機会があるものには全部参加する勢いです。
 途中で私が倒れないように、ぜひ念力を送って下さいませvv

 それでは、この辺で。いつも日記とサイトにもお邪魔しています♪
 ポスター風一騎と総士&真矢ちゃんも素敵でしたvv
 またお邪魔に参りますね~ 
   
 咲夜 
 
スポンサーサイト
2010.11.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター