3年目の真意
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 珍しくファフナー以外の話です。

 今月のアニメージュを何気なく見ていたら、アニメ版デスノートの監督を務められた荒木哲郎さんのインタビューが載っていたので読んでみました。

 そこでデスノート25話のオリジナルシーンについて語られていたわけですが……あの一連の演出は「駆け込み訴へ」を意識していたそうです。

 なるほど…当時「洗足」がモチーフだと言われていましたが、洗っているLがユダで洗われた夜神月がキリストなので、半分合ってて半分違ってて、解釈によってはLがキリストとなり、更に半分合っている(笑)という結果になりました。
 私の解釈では夜神月がキリスト、Lがマグダラのマリアだったので、やっぱり半分合ってて半分違ってました。(笑)というか、私の中でLがユダというイメージが全然無かった(苦笑)ので、そこには繋がりませんでした。
 
 アニメ版デスノートは演出がアレ(笑)でしたので、それほど深い意味を持たせていなかったのかと予想してましたが、まさか「駆け込み訴へ」を持ってくるとは思いもしませんでしたね。

 太宰治の「駆け込み訴へ」は、宗教的にはともかく文学として素晴らしい作品だと思います。
 イエスを愛して愛して愛して憎んでしまうユダ。今となっては不可能ですが、最後に彼が自殺するところまでの心理も描写してほしかったですね。
  
 ファフナーも多分にキリスト教のモチーフが見受けられますが、キービジュアルの第1弾を見た時に思い浮かんだのは、「ピエタ」であると同時に「ノリ・メ・タンゲレ」でした。
 復活したイエスに触れようとするマグダラのマリアへの言葉ですが、触れちゃいけないはずの総士に思いっきり一騎がすがりついてるところが……。(苦笑)

 そういえば冲方さんは2003年、京都SFフェスティバルで「キリスト教は戦わなければならない敵」とおっしゃっていたそうですが、その戦いの結果または答えは出たのでしょうか?
 その答えが12月25日のクリスマス公開であり、「来主(くるす)」という名の新キャラなのでしょうか…知りたいですね。

 あれ、結局ファフナーの話に行き着いてますね。(笑)


 ちなみに私のキリスト教観や解釈は、教会付属幼稚園児だった頃の意識を基礎に、更に今まで読み聞きした作品に出てくるキリスト教モチーフを、独自の観点で受け止めた主観が元になっていますので、キリスト者から見ると浅薄でけしからん!と思われますでしょうが、あくまで文学やアニメの解釈として読み解いてるだけですので、その点はご容赦願いたいと思います。

 それにしても、やっぱり1つのシーンに込めた制作者の意図と想いを汲み取るのは面白いですねvv
 多少ハズレ(笑)ていても、考え尽くした後なので「そうだったのか」と納得できます。

 むしろ一番堪えるのは、こちらが受け取ろうと思っても、実は中身に何の意味も意図もないアニメです…。 


 
 以下、コメント返信です。



 


 月杜様

 こんばんは、ようこそvv

 案を煮詰めて!
 まだ充実プランが出来そうですねv アイデアを楽しみにしております♪
 
 そうなんですよ。尾道は小さな街ですので、単体のガイドブックはないようです。
 駅前に観光案内所があるので、とりあえずそこでガサッと資料を頂きましょうか。
 映画ロケ地の地図もあるのですが、さすがにファフナー用の地図は無いので自己作成ですね。(笑)

 ご期待に添えなくて残念ですが、前回は家族旅行でしたので、ファフナーで使用されたロケ地を回れていないのです。(涙)
 街歩きをしていて、見覚えのある場所はいくつかあったのですが…。
 できればDVDの各シーンをキャプチャーして、実際の場所の写真を撮って比較できる地図を作りたいのですが……まず私のPCでは、DVDが使えません!(爆)
 ネットカフェでやるにしても、ウイルスをもらうのが怖いし……ちょっと思案中です。 
 
 キャプテン翼はそういう面でも楽しめましたねvv
 中学校ですごく流行りましたよ、特に翼くんの十八番であるオーバーヘッドキックが。(笑)
 サッカー部の男子だけが何とか形にできましたけど、あれ危ないですよね。(苦笑)

 ファフナーの公式がぬるっとしているのは知っていますが、あまりぞんざいな運営をされていると、ファンとしてはその程度の扱いなのかと思ってしまい、ちょっと悲しくなります…。
 忙しかったり人手が足りなかったりするのはどこも同じですから、今後は運営にしろ告知にしろ、しっかりして欲しいと切に願います。
 
 私の今月の稼ぎは生活とファフナーに消える予定ですので、残り一週間も頑張りますよ~!
 月杜様も、鮒貯金増額のためにも頑張って下さいませv

 それでは、この辺で。いつもお気遣いありがとうございます

 咲夜

スポンサーサイト
2010.11.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター