スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
くたくた…(笑)
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 先週は平均4時間しか寝ていなかった上、寝貯めするはずの土曜日午前をチケット争奪に費やしたので、さすがに疲れました。
 でも、オールナイトの後お仕事に行ったり、舞台に行かれたりした強者が何人も……素晴らしいファフナー愛をお持ちの方ばかりです。尊敬します!><

 昨日は某様と池袋の一騎&総士前で待ち合わせv ちょっと恥ずかしかったですけど。(笑)
 その後「昭和な洋食屋」さんで、一騎カレーならぬ懐かしのカレーを頂きました。

DSCN0679_convert_20101219184446.jpg

 本格ビーフカレーで美味しかったです♪ おかげで終演時間までお腹がもちました。
 でも一騎カレーは、こんなに牛肉が入ってないんだろうな。(苦笑)

 その後21時前には劇場の休憩所に入って、先行販売の品定め。

 DSCN0686_convert_20101219184622.jpg

 クリアファイルは予約分があるのに、やっぱり買ってしまいました…。(苦笑)
 ファスナーアクセサリーのイラストは、織田誠さんというアニメーターさんだったんですね…知りませんでした。
 てっきり平井さんが頑張って(笑)デフォルメしたのかと思っていたのですが。
 でも、すっごく可愛いvvです。

 そうこうしているうちに開演時間、本日のスケジュールは…。

 DSCN0681_convert_20101219184534.jpg
 
 休憩時間が結構長くとられていました。
 1日目のオールナイトより2話分少ないし、劇場の方も前回よりお客さんの時間の使い方が読みやすかったのでしょうね。

 客席は8割ほどの埋まり方だったでしょうか。2階席は見えなかったので分かりませんが、トークショーの後、勝手知ったる皆様は、アナウンスが無くてもそれぞれの見やすい席へと移動していました。(笑)

 定刻通りに上映会は始まり、まずは中西Pが登場。いつもの笑顔を振りまいてご挨拶。
 すぐに一騎役の石井真さん、乙姫役の仲西環さんが呼び込まれ、拍手と共に迎えられました。
 
 中西P「ファフナーのオールナイトイベント、今日も朝まで見て頂きますが」
 石井さん「ね、朝までですよ!(笑)」
 中西P「先週も見たよ、という方は…(7割以上が挙手)」
 石井さん「ほとんどですねー」
 中西P「じゃあ、初めてファフナーを見るという方は?(ちらほら 10人弱?)」
 石井さん「いました!」
 
 中西P「今日はTVシリーズの思い出話ということで、一騎と乙姫ちゃんは、実はほとんど接点が無かったんですね」
 石井さん「無かったですねー」
 中西P「僕、この前発見したんですけど、TVシリーズで乙姫ちゃんを最初に発見したのは、一騎なんですよね。ワルキューレの岩戸に、裸で浮いているところを」
 石井さん「裸でしたね~(笑)」
 中西P「ファフナーブルクに浮いてるところを見て、ずっと追いかけていったじゃないですか」
 石井さん「そりゃあ、追いかけますよ!」
 仲西さん「裸じゃなかったら追いかけなかった?」
 石井さん「なに言ってんですか!(笑)」
 中西P「エレベーターで下りていって、使えなくなったら階段見つけて降りて行って」
 石井さん「執拗に追いかけていましたね(笑) あれですよ、不思議の国のアリスで兎を追いかけてるような」
 中西P「綺麗なことを言いますねー。(笑)最初に乙姫を見た時、どう思いました?」
 石井さん「裸で赤い液体の中にいて、髪がふわふわしてるし、何だこれ?と(笑)」
 中西P「仲西さんていうと自分のこと言ってるみたい(笑)ですが、仲西さんは恥ずかしかったですか?」
 仲西さん「乙姫的には恥ずかしくないけど、私的には恥ずかしいですね(笑)」
 中西P「(12話で)そのまま外へ出てきちゃってますしね」
 仲西さん「あそこは貞子っぽかったですね。(笑)ファフナーのホラー的な部分ですね」
 
 中西P「この後やりますが、一騎が総士と自分を取り戻すきっかけが乙姫なんですね。乙姫が出てきて一騎と総士がくっつく。一騎が総士と自分を取り戻せたのは乙姫のおかげなんですよ」
 石井さん「くっつくって…語弊が…。(場内苦笑い)プロデューサーとしていいんですか?(笑)」
 中西P「(笑って流す)なのに、なんで絡みが無かったんでしょうねー?」

 中西P「乙姫は竜宮島の神様だけど、どう演じました?」
 仲西さん「最初はそんなに重要なポジションだと思わなかったので、難しかったです」
 石井さん「難しい役だからねー」
 中西P「一騎と総士と乙姫は、僕の中ですごく重要な3人だと思ってますが、一騎と総士のキャラクターソングがあるんですけど、じつは乙姫の歌もあったんですよ」
 仲西さん「"あ"と"は"の中間の発音で、歌詞が無いので大変でした」
 石井さん「歌ってるところが入ってるので、この後見つけて下さい」

 中西P「今日はRIGHT OF LEFTもあるんですけど、朝から号泣ですよ(笑) 5年前の12月29日に新宿パセラでオフ会をしてみんなで見たんですけど、入り口を開けられなかったですね(苦笑)」
 石井さん「いや、むしろ開けて風通しをよくしないと(笑)」
 中西P「全員がしーんとして。(苦笑) 皆さんから酷い、酷いと(笑)」
 仲西さん「私も見てました。じつは飲み屋で(苦笑)」
 中西P「あれを今日、見ちゃうわけです」
 石井さん「(TVシリーズで)竜宮島の子供たち(を集めるん)ですけど、あれって戦争の赤紙じゃないですか。RGHIT OF LEFTなんてもう……ね」

 中西P「今日はこの後16話からですが良い話ですよ! 乙姫ちゃんが灯台に出てきて、目だけのビューンってのが出てきて(笑)」
 石井さん「ああ、ありましたねー」
 中西P「東京では今MXで再放送して、そこで日替わりCMをしているんです」
 仲西さん「え、どんな?」
 石井さん「僕が出てるんですよ」
 中西P「ここでやってもらえますか」
 石井さん「(日付を確認して)蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH、あと一週間です! よろしくー!(なぜか右手振り上げ 笑)こんな感じで」
 中西P「今日のこのイベントは、帰ったらブログやツイッターで広めて下さい(笑)」
 仲西さん「私ツイッターの見方よく分からないんですよ」
 中西P「時間が掛かるので、後で教えます(笑)」

 中西P「今日はいちばん遠くから来た人は…九州?(無し)大阪?(挙手)いた! 北海道…さすがにいないですね。福島? ありがとうございます。海外?(挙手)いた! どこ? 中国!?(場内拍手)」
 石井さん「ワールドワイドだ、聞いてみるもんですねー。中国行きましょうよ!」
 仲西さん「私パスポート持ってないんです」
 中西P「じゃあ明日作って下さい」
 石井さん「そんな近々ですか(笑)」

 中西P「いよいよ「HEAVEN AND EARTH」来週公開ですが、久々にキャラクターを演じられてどうでした?」
 石井さん「僕の一騎像は変わらないんですよ。だからDVDも見直そうかと思ったけど、結局見なかったです。台本を読んでやっていたら、コレだ!っていうのがありました。一騎像を作り直す気は無かったです。すっと入れました。そんなに簡単ではないですけど…。ただファフナーって、心が痛いじゃないですか。そういうところで苦労がありました」
 中西P「乙姫はPVに出ているので劇場版にも出ます。どう演じました?」
 仲西さん「むしろ出ないのにここにいたらビックリですよ。(笑) 乙姫は自分に無い引き出しだったので、TVシリーズで苦労して作ったので、劇場版での苦労はなかったです。でも妹に「乙姫トシくった」「やばい」と言われました。(苦笑)声の若さを取り戻すのに苦労しましたね」
 中西P「乙姫は神様なので全部知ってるし、知ってるように話すじゃないですか。例えば一騎カレー(笑)とか。知ってるからこそ聞いちゃうという…」
 仲西さん「マイクの前に立ったら大丈夫でした。TVで苦労したので。むしろ自分で感動しました。乙姫を忘れてないんだなって」
 中西P「HEAVEN AND EARTHの話をしたいけど、できないんです。ごめんなさい。来週の公開ですが、お2人に意気込みを」
 仲西さん「心して、覚悟して見に来て下さい」
 石井さん「僕たちはこの前収録を終わったばかりですが、制作スタッフは以前からずっと頑張ってます。その熱を感じました。その熱に負けないものと思います。あと、TVシリーズからそうですが、竜宮島の景色が綺麗ですので、劇場版でも楽しんで下さい」
 中西P「竜宮島は広島なんですよね」
 仲西さん「え? 岡山じゃないんですか、倉敷?」
 客席「尾道だよー!(笑)」
 仲西さん「(小声で)またやっちゃったよ…、そう! 尾道だよねv」
 中西P「今日は冲方さんもいらっしゃってお芝居も観てきました。ぜひ見て頂きたいと思います。舞台もあり、オフ会ではユーストリーム配信もしますので見て下さい。泣いても笑ってもあと一週間です、HAEVEN AND EARTHお楽しみに!」
 
 と、こんな感じのトークショーでした。
 今回はさすがに飛び入りゲストは無し、でも石井さんと仲西さんという珍しい組み合わせのお話を伺えて面白かったですv

 そして上映会が始まり、16話からなのでテンションMAX! 全然眠気に襲われませんでした。
 やはり大画面と大音響での鑑賞はたまりませんねー。
 特に23話の「フェンリル、開放」の後の沈黙や、総士9連呼、24話冒頭の一騎の絶叫から暗転まで、凄い迫力でしたvv
 今回は後半とRIGHT OF LEFTなので、21話以降はあちらこちらで啜り泣きの声が…。
 その分、最初の方のお部屋紹介や自動販売機の場面では、笑いに包まれていましたが。(苦笑)
 
 上映中、音を立てたり私語を交わしたり熟睡(笑)する方も見受けられましたが、この程度なら常識的な範囲ではなかったかと。
 ふだん縁も所縁もない方々と同じ映画を同じ空間で一緒に見ることが、劇場に赴く醍醐味の1つかと思いますので。
 まあ、私の周囲が比較的まだマシだったのかも知れませんけど。(苦笑)

 そして午前4時過ぎ、イベントは無事終了しました。
 人気のない通りで、一騎と総士のディスプレイを激写。(笑)

 DSCN0683_convert_20101219185227.jpg
 
 人がいない方の写真はなぜか取り込めず。映っちゃった某様と某様、ごめんなさい。
  
 そして明日は舞台版ファフナーを見に行ってきます!
 楽しみ――ですが、入れていたファフナー関係の予定がどんどん消化されていくことに寂しさを感じます…。


 羽原監督のブログにお邪魔したところ、ファフナーのロケハン時のお写真を載せて下さっていました。
 意外なネタをお使いだったり。(笑)
 ますます尾道に行くのが楽しみになりましたが、すべてのはじまりのクスノキ、伐採されてしまったのは残念でした…。



   

 以下、コメント返信です。

 
 
 


 ひょ~様

 こんばんは、いらっしゃいませvv

 財布が大破……おそらくファフナーファンの皆様、その痛みと苦しみに耐えております。
 劇場版まであと少しです、お互い頑張りましょう!
 
 舞台版については、今のところDVD化の予定は無いそうです。非常に残念ですね…。
 ツイッターで中西PにDVD化祈願攻撃をかけている方もおられますので、そちらに加勢するのもよろしいかと思います。
 
 「操は島とは何の関係も無い」説、これはまた斬新ですね!
 そうですね、私もアニメ誌の情報がなければ、同化された日本人のうちの1人だろう、くらいにしか思っていませんでしたし。
 すべての謎は乙姫ちゃんが知っている……かも?
 
 操くんについては、先週のオールナイトのトークショーで「操がびゅーんと」と発言されたそうです。斜めに手を上げるアクションつきで。
 現時点ではまったく意味不明ですが。(笑)

 予告で当て嵌まるシーンとしては、それこそマークザインが「びゅーん」(笑)と新マークニヒトに突撃してるカットくらいしか思い当たらないんですけどね。
 そうなると、あのマークザインには一騎が乗っていないことになってしまいますので、それは無いと思いますけど。
 操くんが敵になるのか味方になるのか、その点もとても楽しみですねvv

 それでは、この辺で。いつもありがとうございます

 咲夜

 
 月杜様

 こんばんは、ようこそ~vv

 いや、疲れましたよ!(笑)
 16話以降のクライマックス連続の上映でしたので、無意識に体に力が入っていたようで、もう全身凝り凝り状態です。
 創作に回す力をごっそり抜き取られた感じです。(苦笑)
 頑張りたいですけど…今は、創作最大手(笑)の映画を見てからいろいろと妄想したいですv

 9時回ゲットに全てを掛けていたので、良かったですv 
 今度はスクリーンに近すぎると文句をつけてはいけませんね。(笑)
 最後になるであろう主役の3ショットをこの目に焼き付けて、映画の鑑賞は改めて川崎で存分に味わいます。
 裏オフ会……ネタバレ、だ、大丈夫ですか!? でしたら、ぜひ参加させて頂きたいです!
 私も愛を叫びたいです><

 ファフナーウイークもいよいよ中盤戦、明日は舞台に行ってまいります!
 翌日は「蒼穹」と小説、そして土曜日には劇場公開。
 今が最高に幸せな時間だと思います。(しみじみ)
  
 月杜様こそ、年末前のお忙しいお体、くれぐれもご自愛下さいませ。
 それでは、この辺で。なかなかコメントできませんが、毎日お邪魔してますので!
  
 咲夜
 
スポンサーサイト
2010.12.19 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。