とうとう川崎も…
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 南関東でのファフナー上映館は、池袋と川崎のみになりましたが、このたび川崎も終了予定が出てしまいました。残念です……。
 でもまだ川崎は良かったですよ、1ヶ月以上上映してくれたのですから。柏の葉なんて、真っ先に終わってしまって……。(涙)
 上映スケジュールにもよりますが、週末は川崎に映画を見に行く予定を入れようかと思います。
 
 それにしてもリピーター特典第2弾は、いつになったら発表されるのでしょうね?
 珍しく決定したという告知は早かったのに、その後の情報がさっぱりです。

 上映終了が見えてきて意気消沈している皆さんのためにも、一刻も早い発表をお願いしたいところです。

 ところで、巷では映画の中で総士が何度名前を呼ばれたのか、数えておられる方を何人かお見受けしましたが、一騎が何度名前を呼ばれたのかを数えてる方はいらっしゃいませんね。

 総士がトータル32回呼ばれているそうなので、それよりはかなり少ないとは思いますが、今度の映画でチャレンジできたら数えてみたいです。ほんとは映画に集中したいですけど、気になるので。(笑)
 おそらく、来主操の一騎呼びがダントツで多いと思われますが。

 他に一騎の名を呼んだのは、総士、真矢、カノン、史彦、千鶴、弓子、あたりでしょうか。
 剣司と咲良や後輩には、名前を呼ばれてなかった気がします。最初の出撃後から戦闘に参加できなくなったので、無理もありませんけど。
 澄美さんやジェレミーさんにも、「パイロット」とは呼ばれましたが名前では呼ばれなかったと思います。
 
 映画での一騎は来主操との対話に重点を置いていたので、その他の人物とあまり接点がなかったことが少々残念です。
 その分、操との対話を通して、一騎が2年間で精神的に大きく成長していた姿を見せられたと思われますので、痛し痒しと言ったところでしょうか。

 楽園メニューの「一騎カレー」「一騎ケーキ」「一騎プリン」は、名前を呼んだものとして数えるべきかどうか、ちょっと悩みますね……。(苦笑)



 以下、コメント返信です。






月杜様

こんばんは、ようこそ~vv

密林、大丈夫だったのですね!良かったです~~><
じつは私も、もう1冊買うつもりです。(笑)
最初の1冊は参考書(苦笑)用、次の1冊は保存用、もう1冊は布教用に、ということで。

携帯の問題は、あの短編小説を読んだ時に、「あ、やっぱりまだ持ってない」(笑)と思いまして。
それとツイッターでお見かけした意見でも、やはり携帯が無いことの意味を考えておられる方がいらっしゃったので、この機会にもう一度考えてみた次第です。

使い方さえ上手くすれば、とても便利な道具ですよねv 実際一度持つと、持っているのが当たり前になりますし。
ただ、思い返してもファフナーの対話は、不思議と必ず1対1なんですよね。
ドラマCDで固定電話を使った時も、一騎と総士、総士と真矢、真矢と一騎。決して3人で同時には話さない。
「自分と相手」で「対話」する「相互理解」というテーマには、やはり1対1が適しているのかなと思います。
それに1対多数だと対話というより、ディスカッションになってしまいそうですしね。(笑)
自分と相手の間に割り込むことのできる携帯電話は、やっぱり無い方がいいのかもしれません。

一度冲方さんか羽原監督に、真意をお尋ねしたいですね。
普通に、「あの島は昭和だから」とか言われそうです。(苦笑)
それにおっしゃる通り、あの小さな島なら、島内放送と公衆電話で充分だと思います。

それでは、この辺で。また何かありましたら、私が先に賭けに出ますよ!

咲夜

スポンサーサイト
2011.01.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター