スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
新型インフル
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 とうとう我が家にも新型インフルエンザが……。

 甥っ子が昨夜から体調を崩していましたが、何度測っても平熱だったのに、病院に行くと見事に新型インフルエンザの判定。リレンザを処方されました。
 リレンザと解熱剤のおかげで何とか重篤な状態にはなっていませんが、今年のインフルは初期症状の時にあまり熱が出ないのが特徴のようなので、風邪だと思っていたのにじつはインフルエンザだったという人が多いかもしれません。
 もしかして私もすでに罹っていたかも??

 明日から配布される来場者特典の絵柄を見ました。
 一騎と総士の笑顔のシーンは、中西Pがおっしゃっていた場面そのままでしたが、来主操だけ泣き顔というのは……。
 確かに後半になるにつれて、来主の表情はほとんど苦悩と泣き顔だったりしますので、選びにくかったとは思いますが。

 私なら笑顔で揃えるために、史彦と会談?していた時の、「空が綺麗だって、思ったことある?」の場面を選びたいです。
 でもあのシーン、来主の頭上から照明が射しこむ特殊効果を入れているので、操の髪が白っぽく見えてしまい、ちょっと使いにくいのかも……。

 シネマサンシャイン土浦のスケジュールも、ようやく出てくれました。1日4回も上映してくれます。
 しかし! 予想通りいちばん小さなスクリーンでした……。orz
 まあ大画面は池袋でさんざん堪能したので、むしろ小さくても画面が綺麗で音が良ければラッキーということにしておきます。

 某様の日記を拝見して、総士の「帰る場所」について私も少し考えてみました。
 
 「いつか必ず帰る…お前がいる場所に」(最終話モノローグ)
 「僕はお前がいる場所へ帰る…必ず」(映画冒頭)

 以前の記事で、同じキャラが同じセリフを2回言う、と指摘しましたが、この総士のセリフも、本編と映画にまたがってはいますが、ほぼ同じセリフを2回繰り返しています。
 「一騎(お前)がいる場所に必ず帰る」と言っているわけです。

 前にもなぜ「お前がいる島に帰る」ではないのか?と疑問に思って、一騎が島にいるのは当然だからとか、総士の帰る場所は一騎そのものだから、とか考えていました。
 
 でもそれ以外に、こんな回りくどい言い方(笑)をした理由があるのかと考えていたら、やはりこのセリフも、総士の遠回しな物言いの1つの表現だったのかな、という結論に思い至りました。

 総士はこのセリフで、「お前(一騎)に生きていてほしい」と伝えたかったのではないか、そう思いました。 

 島に帰ったとしても、お前がいなかったら意味がない。
 「お前がいる場所」であり「僕の帰る場所」とはつまり、「一騎が生きてここにいる竜宮島」という意味だったのかな、と。
 だから一騎に生きていてもらいたかった、そういう総士の気持ちが言わせたセリフなのかもしれない、と感じました。

 そういう意味で、某様のおっしゃる通り、総士の「ありがとう」には、一騎が島を守ってくれたのはもちろんのこと、一騎自身が生きていてくれてありがとう、という意味もこめられていたのではないか、というご意見に全面同意ですvv

 それにしても、総士のセリフはいちいち勿体ぶってますね。(苦笑 映画では特に)
 あっさりと本心を明かさない彼らしいといえばらしいですが、そういう素直じゃないところが彼の魅力でもあるのかもしれません。


スポンサーサイト
2011.02.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。