スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
行ってきました
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 氷室京介さんのチャリティライブ。

 東京ドームなんて何年ぶりだったでしょうか……。

 dome

 全曲BOOWYはもう無いと思っていただけに望外の喜びではありましたが、開演前の黙祷と終演後のエンドロールに映し出された大震災の記録を見ると、このライブを単純に楽しかったとは言えない気分です。

 angelaさんのツイッターを見ると、KATSUさんもお1人で来場していたようですね。
 私はアリーナ席38列の真ん中左寄りでしたが、何しろ広い東京ドーム、舞台セットまで約100メートルはあったと思われます。(苦笑)
 生の氷室さんは米粒――よりは大きかったですが、ヒマワリの種くらい?の大きさに見えました。(笑)

 「LAST GIGS」も東京ドームで行われましたが、その時の最後の曲(アンコール前ですけど)「Dreamin'」を最初に持ってきたのは、何か意図があったのか特にないのか……。

 そして「NO! NEW.YORK」を今回の最後に歌ったことにも、何か意味があるのかないのか……ついつい考えてしまいます。

 まあ、色々と複雑ですよね……BOOWYは。

 
 一緒にいった高校時代の友達の1人は看護士さんでした。

 なので、映画で暉がメディカルルームで受けていた治療方法は妥当だったのかどうか(笑)、ちょっと聞きたかったけど聞く勇気がありませんでした。

 何人かの鮒神様は医療関係の方々で、あの点滴はおかしいと指摘されていたようです。

 medical1

 どこか変でしょうか……? 私にはよく分かりません。

 私も内視鏡検査を何度か受けた時、こんな感じで麻酔用の点滴を受けていたので、むしろリアルだなあと思ったのですが、やはり本職さんが見ればおかしいのでしょうかね?

 若干、針の位置が上過ぎるような気がしないでもありませんが……。 
 
 ちなみにこの点滴用スタンドはなんと、

medical2

 自動追尾センサーを備えたスグレモノ。(苦笑)

 結局この設定が日の目を見ることはありませんでしたけど、あい変らず細かいところまで作り込んでいるんだと実感しますね。


 以下、コメント返信です。






月杜様

こんばんは、いらっしゃいませ♪

氷室さん懐かしいですかv
私は友達とツアーがあるたびにライブに行っています。

でも……その友達も私も、実は最初はBOOWYが大嫌いだったのです!(苦笑)
周囲がみんなBOOWYで盛り上がっていたので、私たちは学校の文化祭で曲が流れたら耳を塞ぐくらい嫌っていたのですよ。
ところが。
そんなBOOWYが解散した直後に、逆に私と友達はハマってしまったのでした。(笑)
あの時にBOOWYを好きだった人たちよりも、私たちの方が今でもまだBOOWYが好きだと公言できるくらい、ファン歴が長くなってしまいました。
人間て分からないものですね。(苦笑)

弟さんもお好きだったのですか、同志ですねvv
今でも色褪せない楽曲の数々、たまに思い出して聴いて頂きたいです。

あまりにも公式が仕事しない(笑)ので、私が自分で仕事というか電凸しました。
せっかく劇場さんが延長して下さったのに、いつまでも修正しないのはちょっと頂けませんね……。

水戸は茨城の端っこなので、あまり見に行く人もいないと思われます。なので、せめて1人分の興行収入だけでも貢献しに行って参ります!
関西もアンコール上映をしてくれたらいいですよね。きっと今でもまだそこそこ人が入ると思うんですけど。
蒼穹作戦に参加される暁には、ぜひ大宮にマーク定めて下さいませ!!

私はいつものヨレヨレで何とかしのいでおりますが、月杜様もかなり多忙な毎日をお過ごしの事とお見受けします。
月杜様こそ体調にはお気をつけて、今後の蒼穹作戦と夏に向けて英気を養って下さいませvv

それでは、この辺で。いつもお気にかけて頂きありがとうございます

咲夜


カヨ様

こんばんは、お久しぶりです~vv
あい変らずお忙しそうですね……。(心配)

「蒼穹作戦」の名に恥じない、豪華メンバーが勢ぞろいですよね♪
今日は出演者に仲西環さんが追加されていました。
ぜひカヨ様にも参加して頂きたかったですが、こればかりは難しいですよね。(涙)

地方での舞台挨拶の約束を中西Pは忘れてしまったのでしょうか。
それならせめて、関西方面で1つくらいイベントをして欲しいですね。
チケットなら大丈夫ですよ!
甥っ子の協力も得ていますので、たぶん何とかなると思います。

サービス残業という名のタダ働き……それは禁断の労働。
しかし人はなぜかそれを選んでしまうのです。
これが総士だったら、もはやサービスどころの騒ぎじゃないですよね。
自分の仕事に、友達と妹と島の運命が掛かっているのですから。
そう思うと、総士の部屋の薬を「胃薬」だと言った喜安さんの気持ちも分かる気が……しませんが。(笑)

あわわ、しょーもないお話を読んで下さってありがとうございます。(穴があったら入りたい…)
どうしてもあの一騎の、「魔女の鍋」(苦笑)が気になって気になって。
それを短編小説と劇場版の真矢ちゃん視点で書いてみたら、あんなんなりました。(酷)
きっと真矢ちゃんは、あんな調子の一騎をずっと2年間も見守り続けていたに違いないと。

映画の一騎の脳ミソは、総士90%島3%みんな3%来主操2%父親2%くらいの勢いで、ひたすら「総士総士総士総士総(以下略)」な感じでしたね……。表にはあまり出しませんでしたが。
2年前に比べれば島やみんなの事もちゃんと考えていましたけど、何と言っても一騎の思考の根源は「総士」ですからねー。(棒)
総士が帰ってきた後の一騎がどんな風に日常生活を送っていくのか、そこはぜひ見てみたいですね。
たぶんあまり前と変わらず、「総士総士総士総(以下略)」だと思いますけど。(笑)

それでは、この辺で。
カヨ様も毎日お忙しい事と思われますが、またぜひ息抜きに遊びに来て下さいませ

咲夜

スポンサーサイト
2011.06.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。