鈴鹿サーキット
カテゴリ: 雑記
F1日本GPは、今年をもって名実共に富士スピードウェイへ持っていかれることになりました。

鈴鹿には二度ほどF1を見に行きました。
一度目はシケインで二度目は最終コーナー。テクニカルでスピードを落とす場所だったので、急減速と急加速をしていくマシンの挙動が、見ていて面白かったです。

でもF1の魅力はストレートですね。
300キロオーバーで駆け抜ける時の耳をつんざくサウンドは、まさに鋼鉄の獣の咆哮です。
私が見た当時、前座でF3というマシンがレースをしていましたが、F3が15~6台いっせいに走るより、F1マシンが1台走る方がはるかにうるさかったです。

ちなみにエンジン音は、やはりフェラーリがいちばん良い音をしていました。楽器に喩えればヴァイオリンでストラディヴァリ。
いちおしのホンダは重低音で良い音とは言いにくいですが、パワーは感じる音でした。楽器にすればチェロ?

日本のF1を長く支えてきた、鈴鹿での有終の美を、ホンダが飾ってくれると嬉しいですね。


スポンサーサイト
2006.10.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター