冲方丁のライトノベルの書き方講座(新装版)
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 日曜日に注文して、今日届きましたv

 内容は、巻頭の24Pの新録インタビュー以外「冲方式ストーリー創作塾」と同じです。
  
 インタビューを読んで今回も実感したのは、冲方さんはとにかくスティーブン・キング激LOVEだということでした。(苦笑)
 いっそのこと、どこかの出版社で対談でも組んであげればいいのにと思います。

 同じインタビューの中で、読書についての質問に対して冲方さんが答えていました。

 読んで楽しむのも大事だけど、自分にこれ以上の作品が書けるか意識すること。作家のキャリア、背景、過去を鑑み、技術がいかに培われ、発想がどう得られたかを分析する。こういう読書が小説を書く上でプラスになる。

 まさに私が冲方さんに対してしている読書の形態です。(笑)
 ただ、私は小説を書くためにそうしているのではなくて、作品を理解するためにそうしているという点で、ちょっと目的が違いますけど。

 活字化されたファフナーは文庫と短編しかありませんが、私もまだまだ読み込みが足りないな、と改めて思いました。
 本編もRIGHT OF LEFTもHEAVEN AND EARTHもドラマCDも、EXODUSが始まる前にもっとよく見て、理解しなければなりませんね。精進精進。


 以下、コメント返信です。


 


月杜様

こんばんは、ようこそ~vv

クリアファイルの公開は蒼穹……もとい早急でしたね!(笑)
すたちゃの尾崎さん、張り切って良い仕事しておられるようです。
やっぱり繊細な表情を描かせたら平井さんの右に出る者はいませんね~、とても素晴らしい4人でした♪
この絵でグッズ展開……きっと売れること間違いなしですよ!

さすがのご指摘。平井さんの趣味全開は、ファフナーでは自重されているようです。(苦笑)
その分、映画で女子キャラたちに豊満な乳揺れを披露してもらったので、あれで我慢して頂きましょう。(笑)

背景については、キャラクターのイメージというそれ以上の意味があるのかは、分かりませんね……。
一騎から始まる、夜明け、早朝、昼、夕暮れという背景は一見して分かりますが、そこに何か意味を持たせているのかどうかは定かではありません。

というのも以前他のアニメで、意味ありげなEDだったのに、じつは見た目以上の意味など全然込められていなかったという経験がありまして……つい警戒心が。(笑)
視聴者は制作者の意図以上の意味を読み取ろうとしてくれると、やはり他のアニメの関係者が言っていたこともあり、過度な深読みは避けたいのでした。

あ、僚は夕暮れ担当でたぶん合ってると思いますよ。蛍は夕方から夜にかけて最も光るので。
しかも蛍は、人の魂にも喩えられるものですから……僚のイラストは笑顔なのに切ないです。(悲)

総士はですね……第一印象は、「ま、眩しっ!」という。(苦笑)
凄い光のハレーションですよね。どんだけ逆光で撮ったんだと。(笑)

というのは冗談ですが、表情が憂いをおびて儚げですよね……H&E後のイメージイラストなら、もう少し微笑んでくれていてもいいのに、と思いますが。
あれ1枚でも、EXODUSの総士が心配になりますよね。だから深読みしたくないのです。(笑)
一騎も厳しい表情ですし。なぜ操と僚は笑っているのに、この2人は笑顔じゃないのか。
そういうことは、とりあえず考えないようにします。(笑)

舞台のツイッターは、すっかりキャラクターの呟きの場と化していますねvv
みんな気分は竜宮島の住民になりきっていて、楽しそうです♪
ぜひ舞台の客席で、観客の私たちも島の住民の1人になりたいですね。
各地の鮒好き様方が東京入りされるんですね! 久しぶりの方にもお会いできたら嬉しいですv
また1つ楽しみが増えました。
千秋楽もいいですが、私たちも皆既月食の日にファフナーで楽しく盛り上がりましょうね!

それでは、この辺で。いつも励みになるコメントありがとうございます

咲夜


スポンサーサイト
2011.11.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター