H&E公開1周年!
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 昨夜はBSプレミアムで「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」を少し見ていました。
 何度も見ていますが、やっぱり面白いですね♪
 イヴからクリスマスにかけてキリストの「聖杯」を巡る映画の放送をするとは、NHKもオツなことをします。 

 そして聖夜に見る「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」は格別でしたvv
 
 私はH&Eを見て、結局1度も泣いたことがありません。
 初回舞台挨拶で喜安さんが客席を見ながら、「泣いてる方もいて、何か伝わったのかなーと思います」と仰っていましたが、私はその言葉に内心で反発していました。(笑)

 目に見える涙がすべてじゃない、と。

 私はたぶん、心で泣いていたと思います。静かに。(苦笑)

 懐かしの初日舞台挨拶レポはこちらです。
 
 ttp://news.mynavi.jp/articles/2010/12/26/fafner/index.html


 今日は購入したクリスタルの育成にチャレンジしましたv
 クリスマスということで、フェストゥムの救世主である来主操の誕生日と勝手に認定し、同じ誕生日にしてあげました。(笑)

 まだ見えていませんが、明日の朝にはちーさな結晶が芽生えているはずです。
 でもじつは……ちょっと失敗した気もしないでもない。(苦笑)大丈夫かな~。 



 今日で1年ということで、去年の劇場公開日から今日まで昏睡状態だったら……と考えていました。

 第一次蒼穹作戦後に1年間昏睡状態だったという一騎のことを思ってみたのですが、やはり1年間は早いようで遅く、短いようで長い日々であり、人や社会、自然や環境も大きく変化するに足る時間だったと実感します。
 特に今年のような、激動の年はなおさらですね。

 一騎が目覚めた時には、たぶん先に咲良が目覚めていて、カノンの髪が伸びていて、美羽が生まれていて、高校が新設されていて、二代目乙姫になっていて……結構な変化に、鈍さで定評のある一騎も少しは驚いただろうと思います。(笑)

 EXODUSまでの2年間も、きっと色々な変化があるのかもしれませんね。
 一騎たちももう、子供から大人へと移り変わる19歳になりますので、これまでのように、ただ前線に出て戦うばかりではなくなることも予想されます。
 大人の立場と役割や責任を、そろそろ受け継がないといけない年頃ですしね。

 H&Eでは「まだまだ島は任せられん」と史彦に言われた一騎ですが、EXODUSでは少しでも任せてもらえるようになるのか、その点も楽しみにしています。

 でも一騎はやっぱり、マークザインのパイロットがいちばん似合っていますねv
 命を削っちゃいますけど。(汗)
 

スポンサーサイト
2011.12.25 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター