二週間に
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 1回日記になってしまっています。ほんとーに申し訳ございません。m(_ _)m
 それもこれも各種情報(レビューショーとかラジオとか)という美味しい餌だけは発表しておいて、いっこうに始まる予告もその様子もない公式が悪いのでございます。(←責任転嫁)
 
 劇場版まで6年待ったからファンは今度も待っててくれてるだろうと思われているのかもしれませんが、ある意味期待してなかったからこそ待てていたとも言えますね。

 もうEXODUSとは言いませんから、せめて……せめて「新春」と銘打っていたwebラジオの情報だけでも……。><
 もう立春すぎましたよ! 春節もとっくに終わってますよ!! 
 公式的にはあれですか、桜が咲く時期までが新春なのですか……?(涙)

 まあそこまで言うのは冗談ですが、少なくともレビューショーの動きは3月までは無い、とは予想できます。
 なぜなら、乙姫役の浦壁さんの予定が4月まで埋まっているからです。
 浦壁さんが出なかったらハズレると思いますけど。(苦笑)

 
 仕事のメールで海外とやり取りをしていると、先々週あたりから突如現れた担当者が、何と「バートランド」さんでした。(笑)

 しなくても構わないけど念のため&試しに(苦笑)返信をしてみたら、素早く丁寧な再返信が返ってきました。
 こちらのバートランドさんは、とても良いバートランドさんのようですv

 以前からミツヒロ・バートランドの「Bertrand」には意味があるのかな?と思っていたので、この機会に調べてみました。

 「Bertrand」は古期独語でベルトラントと読み、「bert=輝く」「rand=楯(のへり)」という意味だそうです。
 語源はゲルマン系の名前だったんですね~。知りませんでした。
 とは言っても、今はラテン系でベルトラン、英語でバートランド読みがあるし、姓にも名にも付けられているので完全に無国籍ですけど。(笑)
 ミツヒロの金髪碧眼はどこから由来したのかと思いましたが、名前を手掛かりにすれば少なくとも起源はゲルマン系なのかもしれませんね。

 ついでなのでダッドリー・バーンズとヘスター・ギャロップも調べてみました。
 
 「Dudley」は古期英語でつけられた地名が由来ですが、その意味は不明でした。「burns」もやはり英語で小さな川を意味します。
 う~ん、あまりピンとこないですね~?
 じつは「Dudley」は「dud=退屈なやつ」という候補もありますが、それではいくらなんでもバーンズが可哀相なので排除しました。(苦笑)

 「Hester」はペルシア語起源で「星」という純粋な意味がありますが、旧約聖書の「エステル記」の王妃エステルの意味も重ねているのではと推測しています。
 超絶省略して書くと、「エステル記」は自分の属する民族(ユダヤ人)を虐殺の企みから救うというお話なので、人類をフェストゥムの侵略から救おうとしている(本心や思惑はどうあれ)ヘスターさんにはぴったりの名前だと思いますv

  
 1年前はちょうど、ファフナーの舞台を探訪するために、尾道へ行っていました。
 最近また尾道熱が再発して、ついついお得なツアーや美味しいお店がないかと探してしまいますv

 情報が無いストレスに耐えきれず、旅行に出かけて私が散財してしまう前に、ファフナー公式にはぜひとも動いてほしいものです。(笑) 
  
  
 
スポンサーサイト
2012.02.11 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター