スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
アフリカ座公演「かぶとむし」観劇
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 先週の土曜日はヤマト2199第四章を鑑賞。
 前日に4月から日5放送決定との情報が出たばかりで、ファンの皆さんのボルテージも前回よりさらに上がっていた気がします。

 元々宇宙戦艦ヤマトを見ていたので、リメイク版ヤマト2199の3ヶ月ごとのイベント上映も楽しみにしているのですが、制作会社の1つでありファフナー本編を担当したXEBEC、そしてファフナーEXODUSの製作スタジオとなるXEBEC zweiも参加していることもあり、内心はいつも複雑な想いで見ています。
 ヤマト2199が終わらないとEXODUS作れないんじゃないか?と。(苦笑)

 アニメ制作会社では班を分けて何本か並行して別アニメを製作することがよくあるそうなので、たぶんEXODUSもヤマトの後から作り始めるというより、裏では少しずつ動いていると思います……願望も込めてv

 ヤマト2199を見ている限り、XEBEC zweiの作画クオリティの心配はなさそうですが、ファフナーはTVシリーズと決定しているので、1クールにしても2クールとしても、多少メカ作画が動かない回も出てくるだろうな~とは思っています。
 そういう回は、キャラクターのドラマ中心でストーリーを進めてくれればいいですね。

 
 そして今週の土曜日、本日はファフナーで真壁一騎役を演じている石井真さんが主演の、アフリカ座「かぶとむし」を観劇してきました。


1

 チラシのあらすじもほとんど読まず、真っ新な状態で見に行ったのですが……とても面白かったです!!

 老年、中年、青年の3世代の登場人物たちが、それぞれ音楽、声優、演劇をモチーフに心の中の秘めた想いを穏やかに語ったり、茶化したり、激しくぶつけたりしながらストーリーを進めていく中で、最終的にそれら3つの動きとテーマが「かぶとむし」という象徴に集約する演出はお見事でしたv
 
 個人的には、最初の「舞台ファフナー FACT AND RECOLLECTION」で一騎役を演じた武田知大さんと、アニメの一騎役の石井真さんの、夢の競演が叶い、それを見ることが出来て嬉しかったです♪

 しかもこの2人が――「親子関係」というシチュエーションがまた良かったです! 
 何と言うか……まるで石井さんの一騎が親で、武田さんの一騎が子に喩えられたかのように見えまして。
 私的には大納得のキャスティングでしたvv

 その他にも、開演アナウンスはWキャストの白石稔さんが石井さんを誉め殺し(慇懃無礼)で始まるし、羽佐間容子役の葛城さんはあい変らずの背の高さ(笑)と元宝塚らしい演技力と声量でしたし、カノン役をしていた山元彩さんは胡散臭いのに本物の霊能力者だったし、カチコチなまでに固くて誠実なプロデューサー役の方の土下座っぷりも良かったし、サーノンさんのボイスパーカッションは凄かったし、おじいさんビートルズも素敵でしたし、笑いあり涙ありの楽しい2時間弱でした!

 舞台のために羽原監督が描き下ろした劇中アニメ「甲殻戦士アイアンビートル」のAR台本兼自由帳も、記念のおみやげとして購入♪
 本物のアニメ用台本を印刷する会社に発注して作ったという、超本格的(笑)小道具でした。

 このアイアンビートルに登場するキャラクター名が、また遊び心満載v
 「シノブ」と「サラ」に「葉月三佐」、これだけで羽原監督が作画監督を務めたかつてのロボットアニメ「超獣機神ダンクーガ」をすぐに連想できる人は、確実に昭和のロボットアニメファンでしょう。(苦笑) 

 しかもこのアイアンビートルもダンクーガ同様、劇中で3クール目にして「打ち切り」になるのです。(T_T)
 でも残り1クール分を、石井さん演じる主役声優の佐和田健二が自費を投じて作ることで、武田さん演じる息子の啓祐に父としての想いを残す――かぶとむしの採り方を教える――というクライマックスに繋がっていくのでした。

 打ち切りという状況や子供に残す父親の想いなど、自分の身にも覚えのある感情体験がいくつも作中に描かれていたので、何度も泣きそうになってしまいました……。
 歳を取ると涙もろくなるのは、色んな表現物に自分の人生経験の反映を見てしまうからかもしれませんね。 


 終演後に石井さんとお話させて頂きましたが、やっぱり石井さんにも顔を覚えられてました。orz
 石井さんの舞台を見たのは初めてで、ファフナーのイベントでしかお顔を見たことなかったんですが。

 田中さんと言い、やはり声優というか役者さんは1回の舞台ごとに新しいセリフや演技を憶えなければならないので記憶力が良いんですね。
 こちらが見ているつもりで、じつは向こうからも見られているという体験は少々怖いものです。(汗)
 イベントに何度か参加してる方々はきっと覚えられていますので、どうぞ立ち居振る舞いにはお気をつけ下さいませ。

 石井さんとはとりあえず千葉県民として、「カップラは無し」ということで手打ちにしましたw
 (去年のACEでネタにされた「カップラ」を開演アナウンスで白石稔さんに蒸し返されていたのです)

 
 
 以下、コメント返信です。
  
 
  




NAO@様

こんばんは! ようこそお越し下さいましたvv
返信が遅くなりましてすみません。(>_<)

おおっ、TVシリーズからファンでいらしたんですね♪
放送から8年と息の長いファフナーシリーズですが、今はニコ動やTV再放送からのファンの方も多くなっているようなので、歴戦の勇者(笑)が健在だと知るとやはり嬉しい限りです!

12月はまさにファフナー月でしたね~v
某プロデューサーの術中に、まんまと嵌まった気がします。(苦笑)
オールナイトにもいらっしゃったんですか! あの時はお互いに完徹お疲れ様でした……。(@_@)

ビジュアルについての解説で意外とあっさり、「人類軍の視点を出す」と明言してましたよね。
それも意外と強い調子だったのでちょっとビックリしました。

私は「HEAVEN AND EARTH」のプロローグで総士が言っていた、「多くの者が これ以上の戦いなど望んではいなかった」というセリフが、作中で説得力ゼロだったことが気になっていました。
なぜなら、結局「HEAVEN AND EARTH」の世界にその「多くの者」が最後まで出て来なかったからです。

そのため私もSAO@様と同様、外の世界ひいては人類軍が描かれることになるのはとても嬉しいし、生き残った人類の中でどのような位置づけとされるのか、同様に興味があります。

「切り捨てられる人」……そういえばそんな事仰ってましたね。たぶん冲方さんだったような?
私はメモりまくって(笑)いたので、書き留められなかった冲方さんのコメントはうろ覚えですが、人類軍の武器のうち「自走砲」を見て、「最前線に残らなければならない兵器です」と言ってたのは記憶しています。

仰る通り、人類軍は17話でカノンやその他多数の兵士を単に見捨てたというより、むしろ目的(竜宮島の消滅)を果たすためなら積極的に自軍の兵士すら犠牲にすることを厭わない方針でした。

さらに25話のヘヴンズドア作戦も指揮命令系統放棄の地上戦や、同時に実行された衛星軌道上のミールのネットワーク攻撃に際し70%ものシャトルの犠牲を計算した上で決行した、文字通りの消耗戦とカミカゼ特攻の塊です。
EXODUSでもまた、そんなふうに「考慮された犠牲」→「切り捨てられる人」が描かれる可能性は大いにあると思います。

私もさんざん「EXODUSはまだですか?」と言っておきながら、いざイメージビジュアルや設定画を見せられると、「やっぱりもうちょっと待って」という気持ちにもなるから困ったものです。(苦笑)
楽しみを後に取って置きたいと言うより、やはり誰かが死んだりいなくなる不安が日増しに募ってくるようで、正直怖いですね……。
でも、オールナイトであれほど「信じて下さい」と仰っていたので、私はスタッフを信じてみようと思っています。

ファフナーはたくさんの方が様々な考察をしていて、とても勉強になると言うか多面的な見方が出来るので、その点も大変に魅力的ですよねvv
私はかなり偏ったモチーフ(キリスト教やユング心理学)からファフナーという物語を見ていますが、これも1つの見方として有りだな、という程度で見守って頂ければ幸いです。
きっとファフナーから受け取る答えは1つではないし、誰がどう解釈してもそれはたぶん間違いではないのだと思います。

それでは、この辺で。コメントありがとうございました

咲夜



Alpher2202様

こんばんは、いらっしゃいませ~♡
とうとうEXODUSの回覧板が始まりましたね!
更新頻度は不明ですが、また1つEXODUSまでの楽しみと言うか不安(笑)が増えたのは、素直に嬉しい限りです♪

EXODUSで誰が誰に導かれてどこへ脱出するのか……今はまだ全く分かりませんが、織姫が星の名であることを考えると、導くのは彼女かな?と今ふと思いました。
明るい星や星座は、昔から旅人の夜の道案内でしたしね。
そしてどこへ脱出するのかと考え、星があるのはどこかと言うと――そう、宇宙です。(笑)
なーんて、私も今の段階ではまだ宇宙へ行くことは無いと思っています。

何しろangelaのKATSUさんも、ファフナーの大前提として「飛べない」「宇宙に行かない」という設定を元に、「Shangri_La」やその他の楽曲のイメージを作って来てますからね。
ですが新章突入と銘打たれたEXODUSのこと、今までの前提や常識を打ち破るような展開が待っているかもしれませんね!

マークジーベンにぶら下がるマークザイン……とてもシュールな構図ですねv
でも真矢は一騎がいれば彼を守ろうとして強くなるから、それはそれでアリかもしれませんよ♪

冲方脚本のこと、高密度のストーリーは必至ですね。
でもあまり詰め込み過ぎると場面転換が駆け足になったり、適度な「間」がなくなったりしますので、冲方さんがファフナー本編で培ったという、シナリオの削ぎ落としで洗練したストーリーに仕上げて頂きたいところです。

イベント上映は「ガンダムUC」や「ヤマト2199」のように基本的にBD販促の意味合いが強いですが、せめて1話や2話あたりは連続放映とか、先行上映会で盛り上げて欲しいですね~。^^
夢は色々と膨らみますが、すべては中西さんの手腕とキングレコードの販促経費に掛かっています。(笑)

それでは、この辺で。いつもありがとうございます!

咲夜



スポンサーサイト
2013.01.19 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。