クロッシング公式オフ会
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 本日は上野のパセラで音楽劇ファフナーのオフ会が開催されました。

 花見とラファエロ展とパンダ見物の人々でごった返す中、11時30分過ぎに到着。


 1

 思い出して見ると、2010年に再起動してからのファフナーのイベントは、池袋(オフ会&生誕祭)から始まりました。

 そこから渋谷(生誕祭&WEBラジオ)、銀座(WEBラジオ)、秋葉原(生誕祭&ラジオ)、そして上野(オフ会)と、ただの偶然ながら山手線を内回りで一周し、もう少しで池袋に戻れそうな勢いです。(笑)

 音楽劇を最低5回観劇し、安くても4万円近くをつぎ込まなければ行けないクローズドイベントということで、いつもなら会費を支払うところですが、今回はさすがに無料で飲食付きでした。

2

 6人掛けの丸テーブルが6台設置され、各席1名ほど空いていたので総人数は30人程度でしたでしょうか。

 安定の10分遅れでの開始。
 舞台キャストと演出家の8名が登壇。その後司会の中西P登場。

 「昨日の夜は冲方さんと能戸さんとの会議で生ミール飲み過ぎて、何を許可したのか全然覚えていません」と笑顔で言ってました。
 ということは、能戸さんが回覧板を上げる時もしくは上げた後、3人が一緒にいたんですね~とEXODUS制作の舞台裏に思いを馳せたり。

 「ファフナーは12月の舞台のあと、1月2月は燃え尽きた状態ですが今日は楽しくやりましょう」的な事を中西さんが言うので、「私はいつでも燃えてますよ!」と反論したかったのですが、席がいちばん遠く離れていたので諦めました。(苦笑)


 まず前段として各キャストに舞台が終わって時間が経ったけど「すぐ役に戻れますか? 戻るには?」という質問が。

 松永剣司――「アネゴ命」Tシャツを誇らしげに見せる。(笑 ファンからの貰い物)
 冴月咲良――金髪にフェストゥムだとツッコミが入り「本編でも同化されてるのでいいかな」と。
 丸山衛――来世まで掛かります。
 大音甲洋――部屋に翔子のポスター飾ってます。髪型もまだ甲洋です。
 彩星カノン――カツラさえ用意してくれればいつでも。
 桜田総士――髪伸ばさなきゃいけない。
 磯村一騎――1年掛かります。DVDを最初から見て資料読んで……。


 続く第1部は、3日前に完成した音楽劇DVDのシーンを先出し。 
 
 「Remenber me」と「生命」の場面をみんなで見ましたが、キャストさんたちは自分の映像が恥ずかしいのか可笑しいのか、ツッコミ入れたり笑ったりしんみりしたり暴れて(笑)ました。

 そして映像を見た感想をひと言ずつ。

 
 松永剣司――「公開処刑」(笑)
 冴月咲良――私は同化されてほぼ映ってなかったので安心して見てました。
 桜田総士――初めて前から見れた。うるっと来る。「生命」の剣司と咲良が好き。
 磯村一騎――終わってちょっと経ってから見て良かった。公演中だったらモチベーションが持たない。(笑)「生命」で剣司が最初は1人なんだけど、後で衛と咲良がいてほっこりした。
 彩星カノン――細かい表情のアップが面白かった。全体を見るのが楽しみ。
 大音甲洋――ほぼ映ってなかったけど「生命」で出てきて仕事してるなと。(苦笑)
 丸山衛――良い作品だなと思います!(なんかチャラいと周囲からツッコミ 笑)
 
 ここで登場時からさんざんチャラいと言われた丸山さんが、汚名返上(?)のために「ゴウバイン!」を披露。それを見た彩星さんも「ゴウバイン!」の決めポーズ。
 あい変らずキレが良いカノンのゴウバインでしたv


 第2部は「舞台を振り返って」

 それぞれの役者さんがお題(「今だから言えること」と「正直しんどかったこと」)を引いて、そのお題にそって寺崎さんがコメントするコーナーでしたが……。

 寺崎さんはご存じの通りマシンガントークの持ち主。(苦笑)
 もはやメモなど不可能!!

 役者へのダメ出しや愚痴だけでなく、舞台の演出方法や各シーンの意図など多岐にわたる話題が出ていたので、とりあえず憶えてることを箇条書きにまとめてみます。


 ○最初の3人(剣司、咲良、衛)の教室シーンは、最後までなかなか決まらなかった。3人に任せたはいいけど変な「間」だけが残る。(笑)

 ○衛の死のシーンについては賛否あると思うが、舞台の一連の流れとしてアクセントとしてそうしたかった。でも稽古では丸山くんがフェストゥムに担ぎ上げられて「すげぇー!」と爆笑していたので、とてもシリアスにならなかった。

 ○同じ衛の死のシーンで役者はそれぞれ1つの言葉しか繰り返してないんですよ、気づきました?
  一騎の「ちくしょう」は、誰にも死んでほしくなかったから。カノンの「返せ!」はそれ(一騎)より少し前向き。剣司の「いやだ」は衛の死と言う現実を受け入れられない。真矢の「やめて」はとにかくやめてほしかったから。

 ○2幕最初の機体ダンスが終わった後の咲良と剣司のラブシーンは、「お尻を触って平手打ち」だけ決めて後は任せた。そうしたら目立つ芝居をするので横で演じてる総士と衛が霞んでしまう。そこで2人を2階に上げ、さらに後ろを向いて演技させた。(うるさいので 笑)

 ○「がんばれ、男の子」は最初カットしていた。だって恥ずかしいですよ。でも豪さんが絶対入れなきゃダメだと言うので入れた。

 ○咲良が同化されかけた次のシーンは制服にしたかった。でもこの人(冴月さん)が言う事きかなかった。アニメは教室の廊下で何日か経ってるけど舞台は直後にしたかった。だから場所は正直ブルクでも廊下でもどこでも良かったけど、とにかく制服にしたかった。(でもその後に手を繋ぐので私服じゃないとダメですと冴月さん 笑)

 ○開演してしばらくは一騎が1幕で赤?オレンジ?Tシャツから制服に着替えていたけど、途中で変えました。気づいた人います? カノンも2幕から地球防衛軍……新国連軍の制服からアルヴィスの制服に変わりますが、一騎はカノン以上に「異質」じゃないとダメだろうと。だから1幕では着替えさせなかった。着替え忘れてると思いました? アルヴィスの制服って白と青でみんな同じシルエットに見えてしまうんですよ。

 ○舞台なのでアニメに無いシーンを入れたかった。冒頭の教室とかみんなで会議するシーンは無いでしょ? アニメを元にしていても同じ物の立体化にはしたくなかった。

 ○アニメに思い入れが深いと「いや、ここは絶対こうじゃなきゃダメだ!」と言う事聞いてくれない。とにかく演出させてくれなかった。(笑)一番言う事聞かなかったのは咲良。(冴月さんが大音さんの方だと反論 笑)じゃあこの2人で。

 ○盆踊りの会話シーンも3人(剣司、咲良、衛)に任せた。そうしたら全然ダメだった。「え? え? え?」ってね。ここにいる人は何回も見てると思いますが。お客さんの微妙な空気分かってた? (何回かは良いって言ってたじゃないですかと反論する松永さん)あれ結局全部で何回だっけ……16回? 最後までよく演ったよね。
 
 ○カノンのゴウバインポーズは彩星さんが宝塚出身なので宝塚らしさを出してみようとあのポーズに。

 ○「Peace of mind」はどうしても入れたかった。(歌詞の中で)「ありがとう」って言うし雪降るし。(24話を意識してると思われます)最後に一騎を助けるシーンも紅音さんにしたかった。最初は甲洋いなかった。(えー?と反応する客席)ほら、そういう反応するでしょ。そう言われるんですよ役者にも。(雨の錦糸町で大音さんが寺崎さんと相合傘で直談判して何とか出演キープ)
 一騎を助ける役話で盛り上がる中、「俺もいるんですよ」と桜田さん。「俺紅音さんとそんなに親しくないしいいのかな?って」「ついでに助けてもらったんですね」と拗ね気味。(笑)

 ○彩星さんはカノンと同じで途中から参加したので2~3日で全部(頭に)入れてすぐ通し稽古だった。「シナジェティックスーツ?も知らなかったんですよ。これ着るの?ってびっくりしました」と彩星さん。

 ○まりかちゃんは音楽劇と2回の舞台の前(アニメ)から(ファフナーに)出てるけど、アニメでは言わないセリフを言うのでキャラクターが違ってると思う。アニメはもっと奥ゆかしい感じ。翔子がいる時なんか一歩引いてるじゃないですか。舞台では元気で活発。その活発さが変性意識の冷静さになる。

 ○カーテンコールの「Shangri_La」ダンスで松永さんが「俺は同じことはしねぇ!」と毎回踊りを変えていた。マークアハトの動きを意識してたんですよと松永さん。でもアハトはバク宙しないよね、と冷静にツッコむ寺崎さん。(笑)バク宙を見て「ああ、動けるんだね」と。

 ○桜田くんのトークショーの司会はダメだったね。なんでもっと上手く出来ないのかと。(初めてなんだからしょうがないでしょうと反駁する桜田さん)「司会の日は芝居中に頭をよぎって集中できなかった」と告白。

 ○智海くんの歌とダンスが無かったのが残念。(でもそのおかげで1幕最後の芝居に集中できたと大音さん)本当かな? どの回がいちばん良かったですか?と16回全通のファンに振り。大音さんがマイクを持って聞きに行くと「脅迫してるんじゃないか」と茶化す桜田さん。優しいファンの方は「全部!」と答えてました。

 ○16話から26話ということでアニメ通りにしたら役者が30人じゃ足りない。そこで里奈や弓子さんというキャラを減らした。千鶴さんには代わりにデータ改竄を背負ってもらった。そこは「千鶴がやっちゃダメでしょう」と叩かれてましたね。出演者が(アニメより)少ない分役者のやることが多くなった。

 ○DVDはカメラワークが良い。舞台ではお客さんの視線は1つしか見ないわけですよ。他の芝居は目に入らないかもしれない。でもカメラに映らなくても「そこにいる」意味はある。そしてお客さんが100人いれば1人が見てくれてるかもしれない。

 ○出演した役者はこれからも成長していきます。ファフナーともども見守って下さい。



 まだまだたくさん面白くて興味深い裏話や制作秘話を語ってくれてましたが、ざっとこんな感じで寺崎トーク炸裂により、イベント時間もいつも通り予定終了時間を超過。

 プレゼントコーナーではサイン入り台本を桜田さんとジャンケンして8名様に。
 そして今回の記念に、登壇者と会場のお客さん1人ずつでチェキ会となりました。

 しかし撮影者の尾崎さんはチェキに慣れてないようで、全員の全身をフレームに入れていた為、細かい表情がよく分からない写真になってしまいました……。

 音楽劇のオフ会ではありましたが、とにかく「蒼穹のファフナー」という作品に深く思い入れをもち、愛してくれてる役者さんや演出家の方と楽しい時間を過ごせてとても良かったですv

 上演が終わって3ヶ月も経つのに、出演者や参加者がこれほど笑顔で語り合える作品というものは、そう多くは無いと思います。
 オフ会を企画してくれたキングレコードには感謝です♪

 でも……次の舞台があったとしても、クローズドイベントで客を釣るというような、アコギな商法はしないで頂きたいと思います。(苦笑)

 
 EXODUSについては締めの挨拶で中西さんが、

 「XEBECさんで作ってますが、鳥肌ものです!」
 「凄いです!」「とにかく凄いです!」
 「情報については近々出せると思いますので」「ほんとに近々なので」

 とまあ、詳細は言いたくてもまだ言えない状況であることだけは分かる、じつに奥歯に挟まった物言いでした。(苦笑)

 ラジオについても尾崎さん曰く「EXODUSが盛り上がったら……」とのこと。
 それがいつなのか知りたいんですが。(笑)

 今はお休みとも一旦終了とも明言しませんでしたが、どうも後者のようなニュアンスでした。
 残念ながら、しばらくラジオはお預けと思っていた方がいいかもしれませんね。

 リニューアルでグダグダじゃない内容になって帰って来ることを期待しますvv

     
    
 以下、コメント返信です。
   

 




A様

こんばんは! いらっしゃいませ~♪

私はファフナー以前から、好きな作品の舞台探訪をするのが趣味でして。(笑)
その場所へ足を運び同じ風を受け、フレーム外の景色を眺めてキャラや制作者が込めた気持ちを追想するのが好きなのでした。

千葉のイメージモデルの場所は去年知ったんですが、いつか行かなければと思いつつ1年経とうとしていたので、「いつ行くの?」「今でしょ!」とばかりに頑張って行ってきましたv

白浜のフラワーラインにも時間があったら行きたかったです~。(T_T)
「竜宮丸」は余りにストレートなネーミングと偶然にビックリしました。(苦笑)

南房総は自分的に、

鴨川=輪廻のラグランジェ
千倉=蒼穹のファフナー
白浜=亡国のイージス(小説)

の3大ロケ地として認識されています♪

オフ会のレポ、大したものにならずすみませぬ……。
途中までメモしてましたが、何しろ演出家の寺崎さんが、マイク持ったら3時間は離さないと自分で言ってる人なので。(苦笑)
とにかく舞台出演者さんたちのファフナー愛に溢れたオフ会でしたv

ヤマト2199のTV放送もいよいよ迫ってきましたね!!
初放映の4月7日は戦艦大和の沈没した追悼の日。
その日に宇宙戦艦ヤマトが発進することは奇縁であり、ある種の供養になれば良いなと思います。

私はいつも新宿ピカデリーで見ています♪
4月に入れば間もなく予約開始なので、お互い良い席が取れるといいですね。
それでは、この辺で。コメントありがとうございました

咲夜



月杜様

こんばんは、ようこそ~♡
オフ会に行って参りましたが、事故は起きませんでした。(苦笑)

キングレコードより舞台制作ジェーピー側のスタッフが多く、いつものイベントより客層も大人しかったです。(笑)
そのため事故を起こすツッコミ役が少なかったのかもしれません。
普段のイベントでしたら、中西さんの最後の挨拶中にも鋭く痛い質問が投げかけられたことでしょう。
EXODUSについては「近々」と連呼していましたので、待つしかないとは分かりますが……。

完全に自己満足ですが、ファフナーの舞台制覇ができて嬉しかったです☆
HEAVEN AND EARTHの街並みの一部がまだ所在地不明だったり、アニメ本編でもまだ見つけてないロケ地がありそうですが、EXODUSではまたモデルの場所が増えるかもしれませんね。
私も公式ロケ地ツアーを心待ちにしています~vv

昨夜はとうとうEXODUS回覧板1号が更新されましたね!!
回覧板の感想についてはほとんどツイッターの方で呟いてしまいましたが、もう少し整理して1つの記事にしてみようかと思います。
公式情報にはいつも心臓を掴まれる思いがしますね……。

それでは、この辺で。お越し頂きありがとうございました

咲夜


スポンサーサイト
2013.03.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター