スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
想像 偶像 それだけでは物足らないから Don't stop
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 あと20日で先行上映会ですよ奥さん!(←誰)

 さすがに祝福イベの記憶もだんだん薄らいできましたので、早くもう一度1話を見たいですv
 でも2話は……竜宮島に被害が出ないといいですけどね。

 ところで祝福イベ後に出ているEXODUS情報ではすべて、一騎がキャストの2番手になっています。

 これは主人公交代を示しているのでしょうか……?

 確かに1話を思い返せば総士のモノローグから始まりそして終わり、ストーリーの中でも一騎と総士の映る割合が同じ――いくぶん、総士の方が多かった気もしないでもないです。

 まあ総士の方が楽園を訪れたりアルヴィスの岩戸やCDCに行ったり、なにげに竜宮島内部の案内係(笑)をしていたので、1話だけで判断は出来かねますが……。

 とりあえず1話視聴後ということで、これまでの考察を少々検証してみようと思います。

【真壁一騎】

 6

>「あと三年…。それだけあれば覚悟だってできるし、今は…目も見える」

>これを読んだ瞬間、かねてより「人間の体には限界がある厨」(←長い)の私は「余命宣告キター!」と舞い上がったもの(酷……)でしたが、落ち着いてよく読むと、いかようにも取れるセリフではありますね。

 1話を見た限り、やっぱり一騎の体はもう限界が見えているようでしたね。
 「人間の体には限界がある厨」(←長い)の私としては、余命宣告説がほぼ当確との結果に、喜んでいいんだか悲しんでいいんだか……。

>剣司のキャラ設定に「一騎の世話も焼く」という一文があるので、いずれ一騎は剣司に医療的な面で世話になるという予想は出来ましたが、1話からとは思えないんですよね~。

>あえて最初から生存限界を提示して、その過程での葛藤や心情を描くというドラマ作りもありはありですけど……。

 この疑問については、剣司が楽園で一騎に次の検査の話をしていたので、1話時点ですでに一騎は剣司にお世話になっていたということが判明しました。

 咲良とのやり取りを聞くと、彼女は一騎の「三年」を知ってか知らずか。まだ微妙なところです。
 真矢は間違いなく知ってますね。(笑)もし直接聞かされていなかったとしても、お得意の洞察力でとっくに悟っているでしょう。    
 カノンはどうでしょうね……。彼女のセリフ「私の心をバラバラにする」は、単に自分の恋心を気付いてもらえないままに一騎が無茶をすることを止められない、ということに加えて、さらにそこへ一騎の命があとわずか、という状況も加味されてる気がします。

 クロッシング不全の原因についてはまだ不明でした。
 そもそも一騎世代は、真矢以外のパイロットが今のところ全員下りてますし。
 でも恐らくは、みんなあとで乗らざるを得なくなると思います……。

 
【皆城総士】

 17

>これ、もしかしなくても、暉カレーをひと口食べて不満を抱き「キッ!」っとなった瞬間なんでしょうね。(苦笑)
>で、例のエプロン眼鏡キラーン!に続くと。

>何しろ私はHAEのPVで楽園にいるカノンが「キッ!」と目を眇めたシーンをシリアスだと騙され……もとい、勘違いさせられて、見事に引っ掛けられた経験があるので。
>だからこれもシリアスに見せかけたギャグシーンの流れに違いない。
>きっとそうだ。もうその手は食わないぞ!(笑)

 はっはっは! どうだ! その手には引っ掛からなかったぞ!(←当たり前)
 とは言え、育ちの良い総士はちゃんと暉カレーを完食してから、でした。

>「暉が作ったカレーを食べる総士 彼はいつも楽園で食事する?」という解説が付いてますけど、もし本当に総士が日々楽園に通ってるとしたら、単純にハラペコ……空腹を満たすためだけでなく、真の目的は一騎に会うためのような気がします。
 
>ただのギャグシーンにしか見えないエプロン眼鏡キラーンも、身体を張った真面目ボケを通じて総士なりに一騎に何らかの配慮をしてるんじゃないか、と勘繰るのがいつもの私です。(笑)
 
 不器用な総士に配慮という器用な真似が出来るのか?という声を見かけましたが、楽園準備中の2人の語り合いの場面を見ると、やっぱりこの予想はあながち外れではなかったかな~と。

 総士は確かに不器用ですけど、自らピエロを演じるくらいの器用さ――というより、冷静な判断に基づく演技力は持ち合わせていると思います。

>「世界の大半が戦場と化した二十二世紀。たとえ勝利には遠くても、希望を持つための時間を稼ぐことはできた」

>まあ「希望」を持つための時間を稼ぐことは「できた」と過去形であり、さらにPV2で「希望は、二つ」とのナレーションでエメリーと美羽が映ったということは、人類の時間稼ぎ=過去30年に渡る戦争、という解釈でOK?
>それとも、これから時間稼ぎが始まるんでしょうか。

 これは1話のモノローグ中に出て来ましたが、やはり人類の時間稼ぎは30年に渡る戦争という解釈で良かったようです。
 その結果、美羽とエメリーという2つの「希望」が生まれた。その2人を会わせたい、というナレインの提案から新たな戦いが始まることになるようですが……。

>「未知の希望が、新たな戦いと共に訪れたその日。」
>「僕らの最後の時間が始まった」 
 
>これがEXODUS1話の最後に入る総士のモノローグなんでしょうかね?

 この予想は大当たり~。(*^▽^)_∠※☆PAN!  
 え? みんな分かってた?
 お、おう……。

>「未知の希望」は普通に考えればエメリーなんでしょうけど、見かけは普通の少女である彼女が、独力で竜宮島に来るだけの手段や方法を持っているのか?という疑問が湧きます。

>もしかすると人類軍の船に難民として乗っているか研究対象として囚われていて、その船がフェストゥムと交戦し、たまたま近くにいた竜宮島に漂着するか救助されるんでしょうかね。

 まさか人類軍の幹部に保護されて、軍用機で竜宮島に来るとは思いませんでしたね~。
 これはHAEの来主操が潜水艦で竜宮島に来たのと対照的です。

 総士がメガネをかけてる理由は分からずじまいでした。
 去年の特報後の舞台挨拶で中西Pがはぐらかしたというので、何か意味はありそうではありますが……。
 別にただのファッションで全然かまわないんですけどね!

 11

 1話総士のラストカット。

>この痛みを感じているシーンは、自分の胸の痛みと人類軍と戦ってるフェストゥムの痛み、どちらなのか両方なのか。

 私が見た限りでは、この時の総士が痛みを感じていたのは、「竜宮島の平和の終わり」と「新たな戦いの予感」で胸に痛みを覚えた、という印象でした。
 特にフェストゥムと連動してるようには……見えなかったような……。

 まあどちらにせよ、総士が美しすぎてつらい場面です。(爆)


【はずれ】

>昼間っからみんな楽園に来てるところを見ると、意外と通信制の大学生の設定だったりして。(苦笑)
>そうでなければPVの日、恐らく竜宮島最後の平和の日は、土曜か日曜の休日なのかもしれませんね。

 確かテロップでは2151年6月28日だったはずなので、それで間違いなければその日は月曜日。
 おまけに一騎世代はみんなしっかり職に就いており、とりわけ咲良と剣司が学校の体育教師と保健医とは、さすがに驚きました。(笑)
 大学が無いからとはいえ、高卒でいきなり先生とはハードな社会ですね……。

 短いですが、とりあえず今回はこの辺で。

 


当記事内の画像は全て、
 ©XEBEC・FAFNER EXODUS PROJECT及び©King Record.Co.,Ltdに帰属します。
 
スポンサーサイト
2014.12.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。