スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
アニメージュ2015年3月号蒼穹のファフナーEXODUS記事
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 何としても6話が放送される前に書いておかねば。(使命感)

 フラゲ組が続々と悲痛な呟きを残して、しばらくTLから消えてしまったので、一体どんなインタビューなんだろうと戦々恐々していました。

 白井さんの一騎と総士のイラストが格好良いですね!
 一騎はやたら男らしい表情してるし、総士はあい変らず美しい横顔でした。

 そして問題の冲方さんインタビューですが……自分的に気になる部分だけピックアップ。


 「一騎と総士の戦い」

 一騎がマークザインというコミュニケーション・ツールで世界に出て行って何をするのかと思ったら、私の予想を遥かに超えた答えが提示されました。 

 知る人ぞ知る?幻の初期プロット「竜宮島が沈み、生き残った一騎と総士が新たな楽園を探して旅立つエンド」は、誰もが無理だし未来が無いと思っていたはずです。
 おもに一騎と総士が男同士だからという理由で。(苦笑)

 ところが、たとえ男同士でも、弓子のように自分の子孫を直接生み出すのではなく、「新しいコミュニティの誕生に貢献していく」という方法なら、不可能ではないどころか間接的に生んでるようなものだし、まさしく彼らに出来る最善の方法だという……。

 さすが冲方丁! おれたちにできないことを平然とやってのけるッ! そこにしびれるあこがれるゥ!(唐突なJOJO口調)

 この方法もまた一つの勝利なのではありませんか。

 いやホントに驚いたのと同時に、もうこれしかないだろうと言っていいほど完璧な、楽園探して旅立ちエンドの回収ですよね……参りました。ヘヘェm(_ _)m
 もっとも、初期プロットの時から冲方さんはそのつもりだったのかもしれませんが。(笑)

 でも、これだけEXODUSで「受け継ぐ」ことがテーマになっている中、一騎と総士、ザインとニヒトという機体は「次世代に継承できるものではない」と言い切られると悲しいものがあります。

 規格外の力を持っているからだけでなく、新コミュニティのためだけでもなく、継承できない存在は「受け継ぐ」ための場所である竜宮島というコミュニティにいられなくなるという意味で、出て行くのは必然なんですね……。

 でもそんな彼らの戦いの物語を、真矢も美羽も受け入れてくれるそうですよ。良かったね二人とも!(涙)   
 あれ、カノンと二代目乙姫は……?

 私としては、形を変えた「楽園探して旅立ちエンド(長い)」が恐らくは実現するであろうことで、このEXODUSが終わればもう思い残すことはなくなりそうです。

 今の時点でも、EXODUSにはたくさん満足させてもらってますので……。


 「総士を完結させれば、一騎のことも大分描ききれる」

 一騎がいればいくらでも書けると言っていた冲方さんはやはりブレてませんでしたね。(苦笑)
 EXODUSが終わっても、一騎にはまだ描くべき部分が残るようです。
 そうでしょう、そうでしょうとも。
 生き残れるかどうかは置いといて。

 そしてこのEXODUSで総士がキャストのトップになった意味が、これでようやく納得できた気がします。
 復活したキリストは昇天しなければならない。(説明すると時間かかるので要は無の世界に行く総士がキリストになぞらえられてましたので)
 それは総士が帰って来た時から分かっていたことですが、彼がどんな形でこの世から去るのか、その生き方を最後まで見守るしかありません……。

 総士のナレーションが誰に向けてのものか、ラストで分かるとのことですが、一騎や総士自身の子孫でもいいんですよ……。ああは言ったけど、新コミュニティ以外に子孫を残してくれててもいいんですよ……。
 「継承できない」存在だから無理でしょうけどね……。(涙)


 「自分が今、このコミュニティにいる理由」

 とうとう作品のテーマは個のレベルから一段上がり、共同体レベルでの大規模な戦争に突入する模様のEXODUS。
 「あなたはそこにいますか?」の抽象的な「そこ」から、「今、ここにいる理由……」の「ここ」は具体的に「コミュニティ」であると明言されました。
 個人的に今の悩みが会社というコミュニティでの自分の居場所や役割だったりするので、ちょっと痛いテーマです。(笑)
 


 「アザゼル型は世界に6体」

 しかも仲が悪くて共食い状態。ならば、ある程度お互いに潰しあってもらったほうが人類にとって得策では……?
 とはいえ、そんな方向に仕向けること自体ができませんけどね。(^^;)
 ウォーカーの群れは読心して来ず、ロードランナーの群れは普通に読心していたのも、戦術が異なるからなんでしょうか。

 1体が仲良くなると残り5体がいっせいに食いに来るらしいので、アザゼル型同士はいまだ繋がっているようですし、1年後の今はロードランナーの群れも読心しなくなってるかもしれませんね。
 あ、でもそれじゃファフナー乗っ取りできないか……。

 しかし、最初から対話の可能性が否定されてる相手と一体どうやって理解しあえと……。 
 戦いながら根気よく相手が変わるのを待つしかないんですかね? でもそんな時間はどう見てもあの世界には無いですし。
 人類軍が核で一発解決したくなるのも分かる気がします。アザゼル型には効かなかったですけどね。


 「後輩の家族環境」

 三者三様の家庭は竜宮島における家族環境の縮図のようなものなんですね。
 彗の家庭がいちばん痛いものでしたけど、同化現象が現れ始めた時に変化が起きるようです。

 てゆうか、同化現象は予防されてたはずですよね?
 意外と早めに出て来るのか、抑制の反動で一気に来るのか。
 その同化現象も、果たして今までと同じものなのか新しい現象になるのか気になるところです。

 あらすじによると、新世代組は一度負けて、しかも芹などは自分が生きていること自体に疑問を持つらしいので、どうやらファフナーの新しい力は、死んでるはずの人間を生かすようなもののようです。
 同化現象がこの異常な状況に伴うものだとしたら、結晶化するよりもナレインのように、人間として生きたままフェストゥム化していきそうな気がするんですが……気がするだけで終わってほしいです。 
 


 「次に誰がいなくなるんだ? というハラハラ感を楽しむのは、おかしいだろう!」

 長年の鮒ファンでそういう見方をしてる人はほとんどいないので、心外なコメントですね。(苦笑)
 たいていのファンがハラハラしてるのは、誰にも死んでほしくないからなんですけどね……。
  


 「今回も、いつでも書き直す準備がありますし、ラストだって変更される可能性があります」

 オープニングでリタイアするキャラの予想をしてもムダだということですね分かります。
 制作スタッフが「これしかない!」と納得する方向ならば、どんどん変えてくれて結構です。 


 読む前はどうなることかと思いましたが、逆に読んで安心できた気がします。
 過酷な戦いが始まるのは分かりきってますが、それでもキャラクターたちは生き抜いてくれるだろうという、確信のようなものを感じました。

 とはいえ、今夜は問題の6話。これから本当のEXODUSが始まると宣言されています。
 6話を見たらまた気持ちが変わってしまうかもしれません。
 なので、急いで今の思考を書き留めておきたかったのでした。

 でも、6話でいきなり竜宮島側の犠牲は出ないと思うんですよね……。
 そう思いたいだけかもしれませんが。




 
スポンサーサイト
2015.02.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。