ブルドッキングヘッドロック 『スケベの話 オトナのおもちゃ編』
カテゴリ: 舞台
 先ごろ、皆城総士役を務める喜安さんの主催劇団、ブルドッキングヘッドロックの公演に行って参りました。

 「スケベの話」はこれ以前に3作品あり、今となってはなんとなくシリーズ化している模様。(笑)

 すでにかなり記憶が薄れてしまったので、全般的な感想を少しだけ備忘録代わりに書いておきます。


 今回はタイトルが「オトナのおもちゃ」という刺激的(?)なものだったためか、いつものブル公演にしては客入りが少なかったようで残念です。

 まあ実際、舞台に実物の大人の玩具が出てきたので、花も恥じらう乙女には見に行きにくいものだったかもしれませんね。(^^;
 
 とうに乙女時代を過ぎた私にはノープロブレムでしたが。


 「スケベの話」シリーズは全作品観劇していますが、今回は今までよりさらにアダルトだった、という印象です。

 ブツ(笑)が使われてるからとかそういう部分ではなく、キャラクターのセリフ回しや人間性とその関係、ストーリーの背景と奥行きといった全体的な評価として。

 今回はストーリーにおいて最も重要な部分はすべて舞台外にあり、見せられなかった核心の説明はなされずに淡々とドラマは進行していき、やがて終わるわけですが、つまり見ているだけでは「え?」「どうしてそうなったの?」「本当にそうなの?」というたくさんの疑問を抱かずにはいられない構成になっていました。

 いま喜安さんは「曖昧」に興味があるとのことで今回の作劇となったわけですが、やはりEXODUSで喜安さん演じる皆城総士を見てきた者としては、ファフナーに共通するテーマを感じとらずにはいられませんでした。

 ファフナーが曖昧か?と問われれば、めちゃくちゃ曖昧ですよね。特にEXODUSは。(笑)
 細かな設定は出さず、かといって作中描写もされず、そのまま事象が突き進んだ果ての結末でしたし。

 1つの答えや正解を提示するより、あらゆる可能性や意見を否定せず許容する、そんな「曖昧」な作品が多くなっているように見受けられますが、EXODUS終了後の一部ファン層のブーイングを見る限り、シンプルで分かりやすい正解を求める層もかなりの割合を占めてるように感じられました。

 ストーリーの受け手としてどちらのスタンスに是非もないわけで、そこはもう個人の好き好きでしかありませんが。

 私も一つの正解よりはいくつかの答えがある方が好みですが、曖昧にしても限度がある(笑)ので、自分で答えを探すための手掛かりをある程度は示してほしいなと思います。


 私が見に行った回は笑うべき場面では笑い、見入る場面は見入る、ブルで観劇するいつものリアクションを取る客層でしたが、日によっては全く笑いが起きなかったり、最後までこの作品が示していたのは何だったのか分からなくて戸惑っている、という雰囲気の上演回もあったそうです。

 同一作品を見ているにも関わらずこの極端な反応の落差が、まさに「曖昧」さが秘めている様々な可能性を示していたのかもしれませんね。

 観劇後、脚本は練りに練られてるし俳優さんたちの演技も自然で素晴らしく、今作品でブルドッキングヘッドロックという劇団が一皮剥けた!!と何だか妙に一人で感激(笑)してしまったのでしたが、それだけに今回の公演で満席札止めがほぼ無かったことが返す返すも残念でしたし不思議でした。

 4月中旬に週末を2回も組み込んで、公演期間としては大変条件が良かったと思うんですけどね~?
  
 次回公演は11月の「バカシティ」という新作で、こちらもかなりの長期公演となっているので、きっとそれまでに喜安さんもいろいろと方策を練られることと思いますが……。

 その前に、5月21日から脚本を担当された「ディストラクション・ベイビーズ」の公開がありますね。
 そちらも今から楽しみです♪


 今回は舞台に感動したあまり、ファフナーについてお訊ねすることをすっかり忘れてしまいました。(笑)

 しかし、サインを頂く時に10巻リーフレットの総士と操のジャケットをご覧になって「これなんですか?」と仰ってたんですけど、まさかキングレコードは主要声優にサンプルを差し上げてないなんてことは……無いですよね?

 きっとお忙しくて開封してなかったんですよね。そういうことにしておきます。


スポンサーサイト
2016.04.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター