総士生誕祭最速先行予約抽選結果発表
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 無事に当選していました。

 意外と落選してる人もいたので、帰宅してメールを見るまではヒヤヒヤものでしたが。(苦笑)

 
 しかし、ツイッターではすっかり総士生誕祭が福山雅治さんのライブの間にねじこまれたかのような話になっていますが、真相は前回の記事の続きに書いた通りなのでなんとも……。(^^;)

 もうちょっと触れてみると、福山さんが先にパシフィコを押さえていたわけですから、29日が休演日なのも当然その時点で決まっていたはずです。

 生誕祭の会場は国立大ホールで福山さんのライブは展示ホールなので、一見無関係に見えますけど、中西Pは「パシフィコ」という会場そのものを指して「埋まってる」と表現したのかと思います。

 そして福山さんのライブと生誕祭の予定を見てもらえれば分かりますが、もし両イベントが同日開催であったなら、OPEN時間がほぼ同時刻に重なります。

 ライブの観客は最大1万8千人。生誕祭は最大5千人。もし一緒であったなら周辺はかなりの大混雑が予想されたことでしょう。

 それを避けられるのが29日であったというわけです。

 まあでも、「割って入った」「ねじこんだ」ことにしておいた方が反響も大きいしネタとして美味しいでしょうから、今頃ツイッターの盛り上がりを見た中西Pは喜んでるんじゃないでしょうかね。(^^;)


 1年前にもう会場と日付を決めてのイベント話が出ていたことについて、喜安さんは「総士生誕祭は自分と石井くん(てゆってた気がする……)が主体になるので、先に話をもってきて都合を確認するのはおかしいことではない」的なことを仰ってました。  

 喜安さんがなぜこんなに会場やイベントについて懇切丁寧に説明してくれたのかというと、以前お話した時に「ブルの次回作上演の劇場は1年以上前にはすでに押さえている」ということを教えてくれたことがあり、私が会場とイベントの決定プロセスについて煩い人間だと認識してるのかもしれません。(苦笑)

 そういえば、私は結局一騎生誕祭にも真矢生誕祭にも行けなかった(というかまあ……行かなかったとも言える)のでよく分かりませんが、真矢生誕祭の時のツイートを検索してたら「松本まりかさんは重大発表が何か知ってそう。収録があったんじゃないかな?」という呟きを見かけたので、「かくかくしかじか」と喜安さんにそのままお伝えしたところ、「ふふっ」と笑われてしまいました。

 彼が言うには「松本も(重大発表の)全体がどんなものかまでは知らないと思いますよ」とのことで、じゃあ個別では何か知ってる可能性もあるのかも、なんてね。(笑)

 ちなみに喜安さんはまだ全然知らないと仰っていたので、私はその言葉を信じています。

 総士生誕祭のチケット発券は12月10日10時から。
 イベントの19日前からの発券は果たして妥当なのでしょうかね。(^^;)

 何はともあれ、とても楽しみです!

 
2016.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
BD11巻特典CDドラマ 「THE FOLLOWER 2」
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 22話から23話までの間にあった、一騎総士真矢の三人が経ていた選択の物語でしたね。

 フラゲ組がどちらかと言うとローテンションな呟きが多かったので、一体どんなドラマなのかと若干不安でしたが、描かれたテーマやメッセージは本編とほぼ同じで補完程度でしたので、個人的にはそんなに「凄い!」とか「これぞファフナー!」という感動はありませんでした。

 まあ、それは作品と言う大枠で見た場合ですので、とかく本編では少なかった一騎たちの心情描写があったり、キャラクターに個別な思い入れがある方は、真壁紅音や皆城公蔵それに父ミツヒロ・バートランドが現れて息子娘と会話する、というシチュエーションにぐっと来たのではないかと思います。
 
 中身はミールが保持する彼らの存在した情報と記憶をもとに作り上げた人格ですけどね。(^^;)
 完全に再現されたなら、それは本物の親とどう違うのかと問われると、私も答えに窮しますが。

 ツイッターでは優しいみなさんがネタバレを気にして感想すら呟くこともほぼありませんが、私はいつでもネタバレ全開!が信条なので、CDドラマを聴いてること前提でオープンに自前の感想など述べてみようかと思います。


 





 
 このCDドラマをユング心理学的解釈でひと口に語れば「父殺し」、または一騎総士真矢の集合的無意識にあるアニマ像アニムス像を親の姿として意識化し、それとの対話を経てなされた人格の統合(自己実現)、といったところでしょうか。

 まさかこんな真正面から典型的などストライクで、ずっと省略されてきた主要キャラクター三人の心情描写を、夢と無意識の心的イメージを使って描写してくるとは思いもしなかったので、大変に面白かったです。

 特に総士については、これまで自分の規範としていた公蔵(というより竜宮島)の理念を否定することにより、総士が自ら背負いこんでいた父性的役割も同時にほぼ解消されていたことが分かりました。(最後の父性的役割の解消は指揮を剣司に委ねた場面)

 そうすることで彼が「父」から「子」になる準備は整い、かくて冲方さんの言によれば、新主人公に倒されるべき一騎こそが次の父性的役割を果たす人物になるようです。

 とは言っても、一騎と総士では父性的役割の表現はたぶんに異なるものと思われますが。


 総士が「否定」という意志に肯定的な意義を与えたことで、「否定」の名を持ち敵を同化し殺すことしかできなかったマークヒニトもまた、肯定的な側面を見出されたんですね。

 グレートマザーの具現化たる機体であったマークニヒトが、その否定的側面(すべてを吞み込み死に至らしめる)のみから、本来の肯定的側面(命を生み育てる)の性質をも再獲得することで両面が統合されたのだと理解しています。


 それにしても、真矢はともかく総士まで心理的「父殺し」するとは思いませんでしたね~。

 まあ彼が一人の人間として自我を確立するための最後のイニシエーションではありましたが、それをきっちり見せて……いや聞かせてくれるとは。良い意味で驚きました。

 重度ファザコンの冲方さんも、やればできるんじゃないですか。(笑)
 それもこれも、やはり冲方さん自身が父親という立場になったことが大きいんでしょうけどね。

 そもそもHAE初期草案の、総士のクローンの少年を青年一騎が助けるというアイデアも、大人になった今の自分なら、きっと「父」である総士(のコピー)を理解し助けることができるんじゃないかという冲方さんの極度のファザコンのなせるわ(ry


 この「父殺し」についてはユング氏ではなく高弟のノイマン氏が言及しているのですが、その意味するところは母性との分離のみの「母殺し」よりも上というか先というか、父性の象徴する古い文化的な伝統や既存の規範などを壊して新しいものを作り、それを社会に提示し問うこと、とされているようです。

 総士と真矢はそれぞれ父と異なる自分なりの理念や思想を彼らに提示した、その瞬間に二人の心の海の中に進むべき「道」が現れた。

 教科書のように完璧な親離れと精神的自立、そして古い価値観の世界からの脱却イメージでしたね。

 真矢の海は「波が引いて」白い砂で出来た道が現れたようですが、「海が割れた」総士の方はもろに出エジプト記の「葦の海の奇跡」をイメージしているようです。

 エメリーやナレインだけでなく、総士にもモーセ像が仮託されていたというわけで、彼らがみな約束の地に入れなかった(生きて住むことができなかった)ことも、この時点で予見されていたのでした。

 まあ、彼らの命は巡りながら生まれ変わり結局のところ海神島にいますけどね。(苦笑)


 今回一騎だけは母との対話であり、さらにこの後もミールの分身としてのカノンと翔子に出会い選択するわけですが、おそらく一騎にとっての「父殺し」は最終回の総士との別れを受け入れたことだったのかと想像されます。

 一騎の場合は、これから新しい価値観を提示するというよりも、前回の座談会で冲方さんにより賢者的な存在となる行く末が提示されたので、もはや彼自身が海神島の次世代を見守る英雄という名の「殻」――古い価値観の体現者になっているんでしょうね。

 であるがために、いずれ「倒される」と。

 いやー、美しい構図ですね。本当に完璧ですよ!
 「物語」としてはね。(笑)

 消費されるエンタメであるアニメやキャラクターとして、それが面白いと受け取ってもらえるかどうかは私の預かり知らぬところです。

 しかしEXODUSのラストシーンが最初から決まっていてしかも変わらなかったことから、冲方さんは「これしかない」という物語の結末、そこで生きるキャラクターたちの真実に辿り着いたなら、どのようなエンタメ的要求やファンの意見があろうと安易に迎合したりはしないと信じています。

 EXODUS放送中に感想で何度か言ってましたが、一騎はまだ生きなければならない人であったし、総士は逆に人として死ななければならなかった人なので、ラストシーンが一騎と子総士の親子の姿であったことはもう……もう……限界突破で宇宙規模の全面大肯定するしかない、私にとっては究極の理想を絵にして見せてくれた、まさにパーフェクトな場面でした。(←長い)


 総士が否定した島の理念は、自分たちだけの平和を維持するために世界とのコミュニケーションを閉ざし対話を拒否するという姿勢でしたが、それはたぶんテンプレ的に受け取れば日本のいわゆる「一国平和主義」とレッテルを貼られる考え方(実際そうと表現しきれるものではありませんが)であったのかな、と推察されます。

 それに対してEXODUSの中で描かれていたのが、広登と暉の理想である自分たちの知っている平和を世界に伝えたいという「世界平和主義」的な考え方であったと思われます。

 戦争解決としての武力にとどまらず、戦争解決の可能性を守護するための武力として、その行使を自認した三人ではありましたが、第四次蒼穹作戦前のブリーフィングで自分から人類軍を相手にすると言った一騎が史彦に諌められたのは、一騎と同じ意志を選び覚悟を決めていた真矢と総士の反応からして、許容されるべき力の行使を逸脱しかねない個人感情があったからなのかもしれませんね。

 ところで、真矢が読み上げた爆撃機ティーポットの乗組員の名前、そうじゃないかと思ったら、やはりすべてエノラ・ゲイの乗組員の名前を捻っていましたね。

 エノラ・ゲイ乗組員は、

 機長:ポール・ティベッツ
 副操縦士:ロバート・A・ルイス
 航法士:セオドア・ヴァン・カーク
 後尾機銃主撮影係:ジョージ・R・キャロン

 ティーポット乗組員は、

 機長:ハリソン・ティベット
 操縦士:ベクター・ルイス
 航法士:チャールズ・カーク
 データオペレーター:ハンナ・キャロン

 まあそもそも、かつてウォルターが所属していた太平洋方面「509混成航空部隊」自体がエノラ・ゲイの所属でしたけどね。ここまで徹底して近似させるとは思いもしませんでしたが。


 ファフナーではこれまで戦争の様相として、1期では日本の専守防衛と非戦主義、そしてHAEでは原爆とベトナム戦争が織り込まれていました。

 EXODUSでは今のところ直接言及はされていないものの、原発事故と原子力技術や核廃棄物、そして上記の例からHAEと同様に原爆。
 そして現在も中東を混乱に陥れている、分裂したイスラム諸勢力による泥沼戦争というところでしょうか。

 HAEの続編であるEXODUSなので、再び原爆のイメージが作品に出てきたのは当然かもしれませんが、EXODUSではさらに脚本に入る前に福島第一原発での3基メルトダウンという未曽有の大惨事がありましたからね。

 やはり「日本人と核」というテーマは、切っても切り離せないものなのだろうなと思います。

 

 ちなみに私はEXODUSで描かれた核関連のメタファーをざっくり見て、暴走しないニヒトにより「人は原子力技術を理性的に駆使すれば原発をコントロールできる」、ただし核のもつ本来的な制御不能の巨大なエネルギーの象徴であるアルタイルを人類に有益なものに変化させるのは不可能、よって「封印して未来を待つしかない」、というように受け取っていました。

 石棺から発進したニヒトが赤い森を通りオンカロをくぐり抜けて行き着くところは、もう放射性廃棄物最終処分場しかないですものね。(つまりニヒトも眠る)

 とまあ、このような解釈に辿り着いたのは25話が終わった後だったので、最終回で島ごとアルタイルが封印されるのも「これしかないな」と思いながら見ていたのでした。

 良くも悪くも、今は未来に投げっぱなしジャーマンなのが核技術とその廃棄物、そして人類の技術の進歩と精神の成熟なのでしょう。


 話がえらい着地点に来てしまいました。(^^;)

 当然のことながら、ここで書いたのはあくまでファフナーという多角的な作品の一面を私が個人的に思考したにすぎないものであり、こんな風に見てる人がいたんだと受け取って頂ければ幸いです。

 あのCDドラマを聞いた感想がこれになるのは本当に私くらいのものでしょうし。(苦笑)

 EXODUSでの核関連については書きたかったけどなかなかまとまらなかったので、ちょうどいい機会でした。


 今までのドラマCD特に「GONE/ARRIVE」との関連を踏まえた感想とか、キャラクター個人の心理の掘り下げとか、もっと普通の話(笑)も書きたかったですが、とりあえず今回は時間も無いのでこの辺で。



2016.05.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
BD10巻特典座談会CD パーソナリティ:angela ゲスト:冲方丁
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 EXODUS放映後に初めて冲方さんのコメントが聴けるということで、発売日の真夜中に貴重な睡眠時間を削って聞きました。(笑)

 購入したBDは2クールめに入ってから時間が無さ過ぎて、

 7巻→先行予約ハガキ取るために開封しただけ
 8巻→開封もしてない
 9巻→Amazonの配送袋に入ったまま

 という悲惨な状態が続いていたので、せめて10巻だけはと。(^^;)

 お話の内容はすでに知ってたことやまだ知らなかったこと、興味深いことがいくつかありましたので、その中でも私的に関心があった部分だけピックアップして感想など述べてみます。


 まずはEXODUSで増えた新キャラクターと彼ら(声優含む)の作品への入り方について、

 冲方「僕の内心では既存のキャラを食うつもりでやってほしいなと。隠れテーマは<世代交代>なので。あまり前面に出すと(略)「あ、俺、将来交代するんだ」っていう芝居が始まってしまうので。それは黙っとこうね、と言われてたんですけどね」
 KATSU「9話10話であの二人美味しいところもっていきましたけどね」

 EXODUSの表テーマは能戸総監督がアニメ誌で語っていたように「相互理解」だとも言及されましたが、裏テーマは「世代交代」だと断言したのはこれが初めてですね。

 「世代交代」と来ましたか……。
 それは受け継ぐことそのものがメインの「継承」とは若干ニュアンスが異なりますね。

 いや、もちろん前世代からの価値観や物質的精神的な遺産を受け継ぎながらの交代なのでしょうけど、要は作品の表舞台で活躍するキャラクターを次世代に入れ替える、ということが「世代交代」の目的ですよね。

 確かに26話エンディングで残ったパイロットを見ると、剣司と咲良(夫婦)、里奈と彗(カップル)、零央と美三香(カップル)という、非常に分かり易く次世代を担うキャラクターばかりでしたね。

 EXO26-165_R.jpg

 そうか……だから片想い代表のカノンや暉は死んでしまったのか……。(←チガウ)

 裏テーマが「世代交代」で、しかもそれを演技に出ないように黙っていたということで、先日ツイッターで一部炎上(?)した三間音響監督の呟き(EXODUSの真の主役は第三世代)も、最初からスタッフ内で認識が一致していたということですね。

 とは言えあの不評の主因はそこではなく、おもに三間さんのツイートに石井さんへのリスペクトが足りないことに尽きるんですけど。(^^;)

 それと「世代交代」を描くなら、思い切って派遣部隊の描写を大幅に削ってでも、竜宮島に残った彗たち第三世代を中心にもっとキャラクター個々のドラマを描いていた方が誤解は少なくてすんだはずだと思います。

 裏テーマを黙っていたことで、

 声優の演技に世代交代の意図が滲み出なかった → 視聴者にも当然ニュアンスは伝わってこない
 
 という、結果としてある種の悪循環(苦笑)になっていたわけですしね。これで「継承」だけでなく明確に「交代」であることを「察しろ」というのは難しいのではないかと。
 
 まあ、私はファフナーが群像劇であっても一騎と総士をガチ主軸として見てますので、そんな意図があろうがなかろうが全然屁のカッパですけどね!(笑)

 竜宮島と派遣部隊の描写割合がほぼ半々だったのは、作品内世界を広げる意図とあまりに竜宮島中心にドラマを描くと、最終的に島が沈むことで受けるファンのダメージが計り知れない、と考慮したのかもしれませんけどね。
 
 私は島が沈むのも想定内でしたが、ショックを受けてるファンの方は多いですものね……。


 続いては、一騎と真矢だけでなく視聴者も混乱(笑)に陥れた総士の「存在と無の地平線」の説明について、

 冲方「英雄っていうのは異世界に行って<世界の智慧>そのものを手に入れるんですけど、その<本当の真実>っていうのは現実世界では言葉にならないものなんです。(略)総士はそのフェストゥムの世界に行って、彼らに触れたけれども、彼らのことをどう一騎たちに説明していいかは結局わからない」

 うーん、なるほど……。究極の「真理」というものは人間の言葉では言い表せない、というのは確かにあるかもしれませんね。
 人の言語はそこまで完全ではありませんしね。

 ただ、言葉で伝える以外に術を持たない人間である私としては、だったら絵画でも音楽でも数式でも他に伝える手段は何かないのかと考えてしまいますね。
 総士のポエムとかポエムとかポエムとか。(大事なことなので三度言う)


 冲方「分からないからまだ争いが起こってる。総士のもどかしさと、総士自身の使命みたいなものと、あと、それはあの……一騎がより総士の側に行き、真矢がより人間の側に行く、っていうあの三者の関係もあそこで同時に表わしているので、分からなくていいんですよ」
 
 総士と一騎の話のつなぎがちょっと不明瞭ですけど、言いたいことは分かるのでそこは置いといて。
 
 あのシーンで、一騎がより総士の側に行き、真矢がより人間の側に行くことを表していると言われて、非常に得心がいった部分があります。

 EXO14-144_R.jpg

 放送当時、三人でいたのに一騎はどちらかというと真矢より総士と話したり彼の方をよく見ていた、という意見を見かけて私も実際そう感じていました。

 一騎は総士の説明を「全然」と言って理解できなかったけど、それは決して総士の説明を聞き流したり投げたりしてたわけではなくて、むしろ逆に総士が誰にも説明できないことを経験して知っている、ということに引っ掛かりを覚えていたんでしょうね。
 
 それを無意識でずっと考えていたからこそ、18話アバンの夢の中で「誰かがいなくなるたび、そいつがいた証拠が世界のどこかに残るっていうのか?」と言えたんだと思います。

 そして「分からなくていい」ということはつまり、総士の見たもの知ったことを知りたがる一騎にとっては最大のフックになったわけで、このあと総士が「彼らの世界に触れるには、彼ら自身に触れるしかない、ということだ」と言ったことに「それが俺の命の使い道なら、そうする」と答え、ダメ押しが24話でミールが伝えた「皆城総士が存在と無の調和を選んだように」というセリフであったわけですね……。

 これだけ地道にフラグを積んでれば、そりゃあ一騎も人として命を終えるよりミールに命をもらってでも生きますわな。
 いや~、じつに嫌な脚本ですね!(褒めてます)

 一騎がより総士の側に行く……これまで総士は「非日常」の象徴であり真矢は「日常」の象徴でしたが、一騎は「どうしても非日常向きの人」だと、以前から冲方さんは仰ってましたね。(BDブックレットP137)

 そんな一騎が1期からEXODUSまでずっと、真矢より総士に惹かれ続けるのは当然であり必然であったと思います。
 とはいえ、EXODUSでは戦闘機部隊に所属し人を殺めた真矢の存在も「日常」とは言い難い状況ですが。(^^;)

 むしろ総士を「フェストゥム」、真矢を「人間」に置き換えて考えた方がより合うのかもしれませんね。
 最終的には「非日常向きな人」である一騎もフェストゥムと融合してしまいましたので。
 
 しかし、この語りを踏まえてあの場面をもう一度見直すと、「一騎くんも皆城くんも、帰る場所があるんだよ」という真矢のセリフが、より痛切に響いて聴こえそうですね……。(放送終了後まだ見直してませんけど)

 真矢はもしかしたら、この時点でもう二人がどこかへ行ってしまいそうな予感を抱いてたのかもしれませんね。
 最後には総士はいなくなり、一騎は人間ではなくなってしまったという……。


 そして私にとって最も興味深かったのが、続編があるとしたらの妄想話について、
  
 冲方「ざっくり全部妄想だけで言うと、ファフナーの新主人公がいるとしたら、一騎を倒さなきゃいけない」
 KATSU「一騎も英雄に君臨しすぎちゃってますからね、もう」
 冲方「てゆうか、あれはもう英雄として循環したんですよね。無の世界から総士のように戻って来て、あれはもう究極の真実に触れてるわけですから。若干まあ人間の心を保つ、ということで現世に留まってますけど。あのまま行くともう<賢人>として、まあいわゆる<賢者>ですね。世の争いには何かしら理由があるんだよ、というレベルまで行っちゃわないとおかしいわけですよ。でもそういう<見守るもの>の殻を破るのが次世代なので、敵対するというわけじゃないけど、それまでの<英雄像>を、なんらかの形で上回っていかないといけない物語になるんじゃないかなあ、と思いますね」

 なるほど賢者。(笑)

 あの一騎が「賢者」ですか……とうとうそんな存在にまで行き着いてしまうんですね。

 まあでも、26話エンディングで一騎と操それに甲洋が、子総士の生誕に立ち会うにしてもなぜ「東方三博士」に擬されていたのか。

 EXO26-170_R.jpg

 先に説明しておくと「東方三博士」は「三賢人」「三賢者」という別名があるのです。私は語呂が良い(笑)ので「三博士」を好んで使ってますけど。

 そんな「三賢者」に一騎たちが割り当てられたのは、まだ若すぎるし少々力不足ではないかと思ってましたけど、彼ら三人はフェストゥムとフェストゥムになった人間であり、冲方さんの言う「世界の真実」に触れた存在、という意味も示していたんですね。

 見た目の若さは関係ないんですね、おみそれしました!(^o^)\ペシッ

 何度も触れているユング心理学で考えますと、一騎の到達するとされる「賢者」とはすなわち元型で言う老賢人「オールド・ワイズマン」であり、それが示すものは男性にとっての「成長の最終到達点」であり「父親」でもあり、「知恵と理性の表れ」でもあるわけで、心理学面から見ても「大人になった」「父親(代わり)になった」「世界の真実を知った」一騎が到達するイメージとして相応であると考えられます。

 ゆえに、その一騎が新主人公に「倒される」と冲方さんが語るのも、全く正しい有り様であると言えるかと思われます。

 「オールド・ワイズマン」の否定的な側面(支配する、導く、試練を与える)は人が「成長過程で乗り越えるべき象徴」であるからして、たとえ一騎の「見守り」がどんなに見かけ上は優しいものであったとしても、その「殻」を壊されて次世代に(象徴的に)倒されることもまた是であり不可避なのだと思います。

 しかし、ここは「真壁一騎」なんだから壊すならぜひとも「壁」にして欲しかったんですけど「壁を壊す」――進撃の巨人か!ビシッ、ってなっちゃいそうですね。(^^;)
 何しろEXODUSにはエレンとミカサ(の中の人)がいましたし。

 馬鹿なことはおいといて、もしかすると象徴的にではなく本当に物理的に世界の秩序と生命力更新のための「王殺し」的な「倒される」という意味合いもあるかもしれませんが、それはキャンベル氏じゃなくてフレイザー氏の「金枝篇」なのでファフナーでは無いかな……いやあるかな……。
 
 まあ、ようは超絶シンプルに言えば、一騎が「新主人公にとって超克すべき偉大な男性像になる」ということですね。

 一騎がめでたく新世代に「倒された」としても、その時までに彼の祝福が終わってなければ当然死んだりはしませんから、その場合は神話や伝説にあるように世界の表舞台から姿を消す「隠者」になるしかないと思いますけど。

 私としては早く使命を終わらせて、総士と再会してほしいところですけどね……。


 冲方「どれだけ立派な木も、やっぱりいつか倒れざるをえない。そのあと芽吹かないと、更地になってしまう。そこは新世代の義務でもあるんですよね」

 そう言ってもらえると、思ったより早く一騎はお役御免になれそうな気がしないでもないですね。
 そして巨樹が倒れて新たな芽吹きの喩え……うーん、やっぱりイメージとしては「王殺し」に近いような。

 今の一騎は、言うなれば英雄たちの「王」のようなものですしね。

 そういえばバーンズを籠絡した「世界の王」というフレーズ、あれはイエス・キリストに対する尊称の1つなんですよね。分かる人はすぐ分かったと思いますけど。

 言い換えれば「世界の救世主にしてあげる」、と甘~くバーンズを誘ってたわけなので、「王様? ププッ」とか笑わないであげて下さい。(^^;)

 でもバーンズが想像した「王」は、たぶんに俗物的な王様のイメージだった可能性が高い気もしますが。(苦笑)

 話を戻すと、冲方さんの続編妄想を聴く限りでは、一騎は英雄と戦士を兼ねた賢者に行き着くようなので、そうなると某掲示板やツイッターでいつのまにか生まれ変わった一騎の共通解であるところの「永遠の戦士」という存在とは微妙に異なるような印象を個人的に受けました。

 ナレインが語ったアショーカによる「命の果てを超えて生きる永遠の戦士」と、竜宮島ミールが与えた「生と死の循環を超える命をもって世界を祝福する者」は、同じものではないような気も……しないでも……ないでも……。

 
 他にもいろいろ考えさせられましたが、時間もないのでこの辺で。

 この座談会のおかげでまた少し、EXODUSに関する理解が深められた気がします。

 聞いてて実感するのは、冲方さんは物語を描くに際して忠実に「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」をなぞっている、ということですね。冲方さんに限らず世の多くの作家の基礎であるかと思いますが……。
 
 たとえば一騎を当て嵌めていくと、

 1.Calling(天命)―織姫からの使命
 2.Commitment(旅の始まり)―シュリーナガルからの脱出行
 3.Threshold(境界線)―総士と真矢との地平線談義
 4.Guardians(メンター・仲間)―ペルセウス中隊(派遣部隊)
 5.Demon(悪魔)―アザゼル型(アビエイター)
 6.Transformation(変容)―生と死の循環を超える命
 7.Complete the task(試練完了)―第四次蒼穹作戦終了
 8.Return home(帰還)―竜宮島から海神島へ移住

 このような形になるかと思います。
 ただ、これは終わったからこそ綺麗に嵌るわけで、物語が動いていた放送中はどう転ぶかまるで分かりませんでしたね。(苦笑)

 
 ちなみに私がファフナーの解釈にユング心理学を多用するのは、冲方さんの師のようなものであるキャンベル氏の神話学の基礎にユング心理学があるからです。

 キャンベル氏は心理学の段階から、さらに世界の「神話」と「物語」の知識と構造を理解し深めて、神話学に発展されておられるわけですが。

 なので、ファフナーを冲方さんのバイブル「神話の力」よりもさらに基礎的なユング心理学で読み解いても、さほど的外れにはなってないだろうなと思っています。

 とは言え、ユング心理学と言っても私の浅学な我流の解釈にすぎませんが。(苦笑)

 冲方さんもatsukoさんも仰ってましたが、ファフナーはたくさんの人が様々な解釈が出来る作品なので、本当に面白いですね。

 それにしても一騎が「賢者」……一騎が賢者にねえ……賢者……私としては全面同意だし大歓迎ですよ……。



 当記事内のアニメ画像は全て、
 ©MBS・FAFNER EXODUS PROJECT・XEBEC及び©King Record.Co.,Ltdに帰属します。

2016.03.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
鮒旅Ⅷ・函館編
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 大変長らくご無沙汰しておりました。m(_ _)m

 今年に入ったら仕事が忙しくなると去年の暮れから分かっていたのですが、予想以上に忙殺された日々を送り、ブログを書いてる暇が無い状態になりまして。(^^;)

 かろうじて毎週感想を書ける時間を捻り出せた去年のうちにEXODUSが終わってくれて、今となっては本当に良かったです。


 ファフナー公式が今週末に尾道イベントを開催しますね。

 念願だった尾道での公式イベントですが、私が期待していたものとは微妙に異なり、また費用対効果が薄いこともあって、同じお金を使うなら前々から考えていた海神島のモデル・函館へ行こう、と思い立ちました。

 まあ、尾道の公式イベントも「第1回」と銘打ってるので、今後奇跡的に(笑)第2回が開催されるなら、ゲストや行き先によっては参加したいと思うかもしれませんが。

 というわけで、新たなファフナーのロケ地である函館の旅をしてまいりました。


 海神島が本編に出てくるのは24~26話のたった3話のみですが、出発前にこの3話を場面キャプチャーするために見直してみたところ、描かれた背景はかなり現実の函館市の地形に近く、地図と照らし合わせながら視聴すると、戦闘の移動経路が手に取るように分かりました。

 これは背景スタジオの美峰さんが良い仕事をしたのか、はたまた背景を発注し恐らくは移動経路も示したであろうコンテ……というより美術監督や演出の力なのか。

 ファフナーでは1期16話でも、移動経路を能戸さんや監督が話し合って決めていたそうなので、EXODUSでも同様に監督たち自らここからこう行ってこう……と打ち合わせていたのかもしれませんね。


 まず最初に訪れたのは、26話ラストシーンのモデルとされる大森浜でした。

 すでにツイッターで3人ほど大森浜を探索している方を見かけましたが、いずれもラストシーンと同じ場所を探し出すことはできずにいたようです。

 訪れた方たちはどなたも啄木公園近辺の大森浜を中心に見て回っていたので、私はその啄木公園から西側、函館山の麓から海に出て、ひたすら海岸沿いを歩いてラストシーンに該当する場所を探すことにしました。

 しかし……残念ながら完全に同じ場所は無いようです。

 26-17_R.jpg
 CctHO3nUMAAvUH-_R.jpg

 この場所の条件は、「函館山の山裾がわずかに見える」「コンクリートの堤防がある」「堤防から左右に降りられる階段がある」という3つ。

 事前にGoogle mapの航空写真でも入念に探しましたが見当たらず、現地に行ってもやはり見当たらず。

 コンクリートの堤防はありますが形状が異なり、堤防から降りる階段があるものの、左右両側に降りられるものではありませんでした。
 
 夕暮れも近づき諦めて翌日に出直し、残りの啄木公園から湯の川温泉方面を探そうと決めたのですが……。
 時間が足りずに結局行くことができませんでした。orz

 なので、大森浜の写真はほとんど撮れずじまいに。

 26-15_R.jpg

 このカットと同じアングルも撮りたかったんですよ……。
 でも。

 訪れた日は大変にお天気が良く、大森浜からは対岸の下北半島がドーーーーーーン!と、それはまあよ~く見えていたのでした。(^^;)

 それどころか、東は尻屋崎、西は竜飛岬まで。
 これほどくっきりはっきり見えるのは年間通してもそうは無かったかと思います。

 まあそんな状態だったので、

 子総士「ねえ、あのむこうにはなにがあるの?」
 一騎「大間崎と……下北半島が」
 
 あの感動の会話がこうなってしまうわけですよ。(笑)
 だって嫌でも目に入るどころか視界を占めるので……さすがの私もあの存在感を無視することはできず。

 P1020092_R.jpg

 なので、渚の写真で勘弁して下さい。

 26-14_R.jpg

 あ、そういえば大森浜の砂はちょっと黒っぽい色が強かったのですが、子総士のカットに映る砂浜とよく似ていました。

 次に検証したのは、エンディングでファフナーパイロットたちが竜宮島が沈んだ海を見つめる場面でした。

 26-19_R.jpg
 P1020080_R.jpg

 彼らがレゾンと戦っていたのは函館駅から七尾浜までの雪原でしたので、最初は七尾浜から函館湾の沖合を見てると考えていましたが、竜宮島はたぶん津軽海峡側の海に沈んだはず(芹が函館湾側から振り返って走り出すシーン参照)ですので、やはりこの場面も大森浜がモデルかと思われます。

 里奈が腰掛ける堤防と海に突き出る岬。
 大森浜の函館山側から戸井・恵山方面を望むと、それっぽく雰囲気が近い写真が撮れます。

 街歩きは苦になりませんでしたが、歩道にはそれなりに雪が残っていて滑りやすく、気を付けながら歩いたため予想外に時間を消費し、ホテルに戻る頃にはすでに辺りは暗くなっていました。

 この日の日没は17時31分。18時過ぎに急いで函館山ロープウェイで展望台まで上がりました。

 すでに山上は外国人やら団体旅行客やらで大混雑の様相。
 それもそのはず、函館の夜景がもっとも美しく見えるのは日没後30分あたりだとか。
 
  P1020113_R.jpg

 写真で見るとただ綺麗な夜景という感じですが、実際は冷たい空気に揺らぐ無数の光が直接自分の網膜に届き、写真より遥かに美しく見えます。
 
 とまあ、普通の観光客ならこれで終わりなのですが、もちろん私は夜景であってもファフナーのロケ地探し。(苦笑)
 函館湾側にズームしました。

 26-2_R.jpg
 P1020099_R.jpg

 ベイグラントが上陸したのは七尾浜あたりだと検討をつけていたんですが、こうして見るとやはりもっと手前の函館駅近辺かもしれませんね。
 摩周丸が……函館朝市が……王蟲もといベイグラントに踏みつぶされていく……。

 下りの混雑が解消するまで売店でお土産を見つつ、山麓に戻りライトアップされた山の手の教会群を散策しました。

 P1020139_R.jpg
 P1020132_R.jpg
 P1020135_R.jpg

 わぁ、なんか普通の観光客みたい。(笑)

 港町には異国の教会がよく似合いますね

 竜宮島は神社しかありませんでしたが、海神島はコアからして金髪の外国人少年でしたし、教会も造られていたかもしれませんね。

 まだ20時前にも関わらず地元の人はすっかり家にこもり、夜になりクロウラーの同化攻撃よろしく根雪がどんどん凍結して足元が危うくなっている元町界隈をウロチョロしていたのは観光客ばかりでした。(^^;)
 

 翌日も快晴の蒼穹に恵まれ、この旅の最大の目的地へ向かいました。

 そこは皆城総士が砕け散った場所にして子総士が生まれた場所であるダム湖、そのモデルとなった笹流ダムです。

 日本初のバットレスダムであり、特徴的なコンクリート構造が26話でしっかり描かれていたので特定は容易でした。

 アショーカに向かって進むベイグラントとダム湖。

 26-6_R.jpg
 P1020203_R.jpg

 このアングルを忠実に再現したかったらドローンを持ち出すしかありません。(笑)
 写真は天端の手前から。歩ける範囲でダムと湖を俯瞰できる場所はここしか無いのです。

 雑木林に入り込めば、あるいはもう少し上から見下ろすアングルで撮れましたが、ここは北海道……ヒグマとばったり会うわけにはいかないので素直に諦めました。(昨年夏に目撃情報あり)

 まあ、まだ冬眠中とは思いますけどね。

 ベイグラントを撃破して崩れ落ちる直前のマークニヒト。

 26-8_R.jpg
 P1020191_R.jpg

 一昨日雪が降ったはずなのですが、2日間とも天気が良すぎて山や木々に積もった雪はほとんど溶けてしまいました。

 それでも、EXODUSが放映されたこの冬が完全に終わってしまう前に、どうしてもここの雪景色を見たかった。

 写真にはほとんど写っていませんが、山肌にはまだまだ雪が残っていたので、光を反射して景色がとても眩く見えました。

 26-11_R.jpg
 P1020189_R.jpg

 アニメではダム湖に向かって左側の景色はいくつかの小山になっていますが、実際はなだらかで大きめの小山が1つあるのみでした。

 また、作中ではその小山越しに海が見えていますが、リアルではダム天端から南を見下ろすと遠く微かに函館湾が見える程度です。それほど標高は高くないので。

 26-5_R.jpg

 マークニヒトがレゾンの攻撃を受けて落下した場所は、恐らくは横津連山のどこかだと思われます。
 そう推測する理由は、笹流ダムと横津連山の距離にあります。

 2点間は直線距離にして約10キロほど。
 そこからニヒトがダム湖のベイグラントに一発お見舞いするまでの所要時間は1分39秒。(CM除く)

 あからさまに巻きまくってる26話の尺をリアルタイムに置き換えるのはちょっと疑問がありますが、まあそれくらい掛かったという目安にはなるはずです。

 単純計算して割り出したあの時のニヒトのスピードは時速350キロ弱となり、山から飛び立った後の総士の独白シーンで流れていく背景と合わせて見てもほぼ妥当な速度だと思いますが……。

 庄司山や雁皮山では近すぎるのです。
 ちなみにこのどちらかの山頂付近で、暉が結晶化していなくなったものと思われます。

 
 ダム湖の水は凍り、表面は雪で覆われていました。

 どうせならより26話に近い雪景色を見たいですが、総士の命日で子総士の誕生日と推定される11月22日または23日は無理なようです。
 道南の函館で雪が本格的に積もるのはやはり1月から2月にかけてだそうなので。

 EXODUS最終話放映記念日の12月25日頃であれば、雪が降っても湖はまだ凍っていないと思われるので、クリスマス近辺が狙い目かもしれませんね。

 ダム湖には私以外誰もおらず、とても静かで綺麗な場所でした。

 ここでしばらくゆっくりしていたかったのですが、時間に追われているので後ろ髪引かれつつも市街へ戻ることに。

 向かったのは五稜郭。滅んだ海神島の地表に残されていた唯一の人工物です。
 とは言え、五稜郭に入ってしまったら何も見えないので、その隣に建つ五稜郭タワーへ。
 
 P1020216_R.jpg

 高さ107メートル。ほぼゼロファフナーの全高と同じですね。

 しかしタワーは繁華街である五稜郭地区にあるので周囲の中低層ビルに隠れてしまい、かなり近づかないとその姿はまったく見えなかったです。

 26話エンディングのマークジーベンと五稜郭の一部。

 26-10_R.jpg
 P1020241_R.jpg

 これ以上は無理でした。チーン……。

 そもそも論として、エンディングで映る五稜郭の一部とタワーから見る五稜郭の位置が、決定的に異なるのです。

 この写真もかなり頑張って、せり出したガラス窓に腕を伸ばしカメラを手前斜め下に向けて何とか無理やり撮ったものを、さらに逆さまにしています。

 ガラス窓の窓枠を入れないように頑張りすぎたのでこんなおかしな角度になってしまったというのもあります。

 次回はもう開き直って、窓枠を入れて再度同じカットにチャレンジしようかと思います。

 こうして見ると、マークジーベンが不時着していた場所は、ときわ通から北洋資料館と函館美術館の間あたりになるようです。

 25-6_R.jpg
 P1020235_R.jpg

 彗のSDPに引き寄せられ、函館湾沖に落水するベイグラントのシーン。
 斜めに構えればよりそれらしく撮れましたね。

 アニメでは北斗市付近で途切れている海神島ですが、現実では木古内や江差方面の山々が見えます。

 五稜郭タワーの6階展望室からは函館市街の大パノラマが360度見渡せるのですが、そこから見えるたくさんの住宅とビルのすべてが無くなり一面の雪原だと想像しながら眺めると、海神島は本当に函館そのものなんだと実感しました。

 行く前はそれこそ五稜郭と大森浜くらいしか見るところが無いんじゃないかと単純に考えていましたが、そんなことはまったく無かったです。(笑)

 この後、湯の川温泉から大森浜を探索する予定でしたが、漁火通の函館バスは1時間に1本しかないので、帰りの飛行機の時間を考えると徒歩での往復も難しく諦めることに。

 市電と函館バスを駆使するのも良いですが、やはり次回はレンタカーで行動したいですね。
 自分の好きな時間にこれはと思う場所へ移動できる手段があると便利です。


 最後の検証シーンは、海神島の迎撃ミサイルが発射された場面から。

 これは竜宮島のデナイアルに相当する兵器だと思われますが、EXODUSではデナイアルの呼称がキャラの口に上ることはありませんでしたね。

 「デナイアル防衛ライン」が好きな私としてはちょっと残念でした。

 25-2_R.jpg
 P1020250_R.jpg

 写真は函館空港の送迎デッキから湯の川方面を眺望したものです。

 この送迎デッキでの撮影も少々苦労したのですよ……。
 視線の高さに透明とはいえアクリル板が貼られていて、しかも汚れている。(苦笑)
 
 撮影用の隙間も無かったので、靴を脱いでベンチに立ち腕を伸ばしてアクリル板と函館山が重ならないように感覚でシャッターを切ったのでした。

 もう少し湯の川温泉に近い海岸線に行けたなら、アニメと似た角度の写真を撮れたかと思います。


 ここで幸運なことに、EXODUSラストシーンを再現するかのような二条の飛行機雲を見ることが出来ました。

 前日から時折、上空に飛行機雲が現れているのを見かけましたが、二条が並んだのはこれが最初で最後でした。

 EXO26-183_R_20160309010328b91.jpg
 P1020256_R.jpg

 向きは逆ですがそこはそれ、偽装鏡面で反転しているということにして下さい。(^^;)

 函館VORを通過していく、韓国もしくは中国と北米を結ぶ国際線のフライトだったのかと思います。

 
 一夜漬けでラスト3話キャプ取りからの慌ただしいロケ地探訪でしたが、アニメのカット再現率はダメダメだったものの、新たなファフナーのロケ地としての函館を、じつに28年ぶり(!)に楽しむことができました。

 美味しいものがたくさんあるし、歴史的な見どころもいっぱいあるので、何度でも通いたくなる街です。

 行けなかった場所や探せなかったカットもまだまだありますので、次は桜が咲いたり海霧が渡っていく春や夏の季節にも訪れてみたいですね。
 
 それでは今回はこの辺で。



 当記事内のアニメ画像は全て、
 ©MBS・FAFNER EXODUS PROJECT・XEBEC及び©King Record.Co.,Ltdに帰属します。

2016.03.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント返信
カテゴリ: 蒼穹のファフナー
 ばんぶー様

 お問い合わせに取り急ぎお答えします。

 皆城家のモデルですが、あの記事の後で入手した情報によりますと、特定のモデルは尾道にも鞆の浦にも無い、とのことでした。

 写真の洋館の場所は、確か土堂小学校横から細い脇道を進んだあたりだったと思いますが……。

 なにしろもう尾道には何度も行ってるので地図を見ないで歩くことが多く、いざ地図で場所を示そうとしても正確な位置が思い出せません。(>_<)

 尾道の坂には洋風の家が何軒かありますので、歩きながらそれらしい洋館を見つけて頂ければと……。

 大したお力になれず申し訳ありません。m(_ _)m

2016.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

如月 咲夜

Author:如月 咲夜
FC2ブログへようこそ!

コメント&トラックバックは、スパム対策としてすぐに反映されないようにしておりますのでご了承下さい。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2カウンター